FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

完了フラグを立てろ!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

爽やかな本日の東京、

早めに仕事を切り上げ、

散歩に出かけようなどと画策中

ですが、多分散歩は明日まで

お預けになりそうです。
(本日PCにかじりつきに
なる予感(笑))

さて、

「段取り上手は飲食店が一番!」

と私は良く言っています。

なぜなら、飲食店では、

少し料理が遅いとクレーム。

オーダーを伺うのも遅いと
クレーム。

熱すぎる。ぬるすぎる。

対応が悪い。。。。。

その場で、お叱りを受ける

かつてアルバイトで

居酒屋のホールや

カフェ、

市場の喫茶店

カウンターだけの中華店

などで働いていた頃を

思い浮かべると、

「戦場だったな」

と思います。(笑)
(※楽しいこともありましたけどね)

中でも席数が多く、

その回転数が早いお店ほど

オーダー間違いや

オーダーを取れていない

など頻発するようですね。

そこで、こんな工夫をしている

お店がありました。

--------------------------
■完了フラグを見える化!
--------------------------


完了フラグ

あっ!もう、札の下部分で

店名がバレましたが、

日高屋さんです!

駅近にあって、席数も多く、

1人で入りやすくて

早いし、安い!ってことで

サクッと食べて次の仕事へ

と言う移動の間のランチなど

使いやすいです。

そんな席数の多い日高屋さん、

働いているのは、

案外、海外からの方が多いです。
(※最近大手チェーンの
飲食店では積極的に海外からの
留学生など雇用されていますね)

席数も多く、サクッと食べてすぐに

精算して帰るので回転率も早く

オーダーを聞いたか?

届けたか?

が分からなくなるのでしょうね。

そこで、先ほどの写真のような

工夫をされたようです!

飲食店では、

厨房とホールとの間に

ホワイトボードを置き、

磁石の青、赤などで

注文を届けたかどうか?


など管理していたりしますが、

オーダーを聞いたかどうかが

分かりにくいことがありますね。

そんな時は、オーダーの

レシート控を貼っておくことも

ありますが、

電子化が進む中、

オーダーは端末管理、

しかしホールの回転率は

早く、確認している間に次の客が・・・

そんな現場での改善策として

この札が採用されたようですね(^.^)♪

そういえば、とある会計事務所で

ホワイトボードを使ったフラグを

見た事がありました。

小さなホワイトボードに

「今から2時間集中します」

というメモが立てられて

いました。

最近では、オフィスの空間デザイン

の中で、

『集中席』を作るということも

あるようですが、

そのだけのスペースがない時など

有効ですね(^.^)♪

これらの様々なシステム化も

さることながら、

現場で1分1秒争う時、

何が一番最適か?

工夫することは大切ですね。

あなたの会社では

「完了」フラグはどのように

立てられていますか?

どのようにするのが最適
なのでしょうか?

考えてみるキッカケになれば

幸いです(^.^)♪

****************

(本日の高倉の格言)
未完を「見える化」し、完了を知らせろ!

※情報連携の基本ですよね(^.^)

2/16-17日と関西に参ります!
京都もしくは奈良にて
90分対面式相談承り中
お申し込みはお早めに!


※現在2/16の13時~18時30分までで
受付中
 ↓ ↓
お問い合わせへ

| 改善の事例 | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

売ったら終わりにしない改善♪

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

お正月三が日が終わり、

今日から仕事初めの所も

ちらほら。

弊所は1/7が仕事初めですが、

一足お先にBlogをアップ(^.^)/

年末年始ゆっくりできましたでしょうか?

さて、本日週末金曜日、

巷の改善事例は、

寒ーい年末年始を過ごした時に

気付いた、こんな改善から

---------------------------
■ その先の利用法を改善
---------------------------


いつも

「より良い改善とは?」

を考える時に、

【想像力】は、私にとって、

とっても大切な改善力のエッセンスに

なっています。

『こういう使い方をした時には
何か困ることはないか?』


『これをすることで、どこかに問題は
発生しないか?』


など考えられるリスクや

想定される使い方や手順から

より分かりやすく、

簡単な方法、シンプルな改善

効果的な改善、

生産性が上がる改善を

心がけることが大切です。

今年の年末、

寒い中、お墓まいりに

行った時、あたたかいお茶を

買いました。

自動販売機は本当に

ありがたいですね。(^.^)

あたたかいほうじ茶を

飲み、ふとボトルの裏面を

見ると、

こんな表示が印刷されていることに

気づきました。
(普段、どれだけ気づいてないのか(苦笑))
 ↓ ↓
ほうじ茶ラベル

もうおわかりですね。

この伊藤園さんの「ほうじ茶」です。
(もちろん、おーいお茶(緑茶)もこの仕様)

ペットボトルのままレンジで

再加熱できるのですね。

しかも残りの分量によって、

加熱する時間の目安まで

書いてあるってすごいですね。

また、ラベルに縦に透明部分を

作ることによって、

残っている分量も見える化

されています。

冷めてしまったペットボトルのお茶を、
温めなおして飲みたい。


そんなお客様からの声から

開発されたそうですよ。

詳しくはこちらをご覧ください。
 ↓ ↓
お~いお茶ホット商品のご紹介

お客様の要望から何ができるか?

どこまでの要望が想像できるか?

どのようにするとより良くなるのか?

お客様の声をヒントに、

様々な「想像力」がより良い改善、

開発に繋がるのですよね(^.^)♪

売って終わり。にしない。

しっかり「お客様の声」を聞き

改善に繋げることって大切ですね。

私も今年も一つのキッカケから

たくさんの想像を張り巡らし、

一度改善して終わり。ではなく、

しっかりお客様の声を聞く体制を

作り、更により良い改善に

努めたいと思います(^.^)/

では、また月曜日にお会いしましょう♪

*****************
1/6まで冬期休暇を頂いております。
※メールでのお問い合わせは
365日対応中
 ↓ ↓
お問い合わせへ

| 改善の事例 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

表示ひとつで「迷わない」化!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

水曜日は、大変失礼しました。

より良いネタの提供が

出来ず、休刊。。。

まだまだ修行が足りませんね(苦笑)

さて、気を取り直して、

さっそく週末金曜日、

巷の改善事例、行ってみよう~♪

--------------------------
■トイレ内での迷子撲滅!?
---------------------------


先日、出張帰りに東京駅で

トイレに入りました。

すると、駅構内のトイレ

改善がみられる表示が・・・

表示1

トイレの個室が迷路のように

配列されているこの東京駅のトイレ

きっと、出口と洗面所の場所で

迷いやすいと施工時に分かって

いたのでしょうね。

個室の扉には、

写真のような表示が書かれていました。

しかもこれだけではありません。

トイレ2

空いているトイレの個室に

「空」という表示がされる工夫。

これは最近混み合うトイレで

使われているもので、

有楽町にある

シアタークリエのトイレでも

見受けられましたね(^.^)/

扉を閉めるとこの札が隠れるように

なっています。

トイレに並んで入ろうとした時、

この空いているかどうかが

一目瞭然というのが

有り難いですね♪

ちなみにこのように入り組んで

いますから、

トイレの洗面所付近には

このように

トイレ3

トイレ内の案内図

貼られていました。

この工夫、会社内でも

使えること満載です!

倉庫内の整理整頓時の

看板付け、動線の作り方

も大切ですが、

最後に「案内図」は大事です。

全体的にどこに何があるか

一目瞭然にしておくことは

大切ですね。

ロッカー内の資料の在りか、

倉庫内のモノの在りか、

商品在庫の賞品の在りか



あなたの会社では

案内表示で一目瞭然

なっているでしょうか?

「迷わない」化!!

意識してみてくださいね(^.^)/


では、また来週~♪

**************
12/28~1/6まで冬季休暇を
頂きます。

メールでのお問い合わせは
365日対応しております。
  ↓ ↓
お問い合わせへ

| 改善の事例 | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴミ箱は何個ある!?

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

2泊3日の出張を終え、

昨夜帰宅。

東京駅に着くとホッとするのは、

関西人だった私も

東京人になったんだなーと

感じます。

さて、本日も週末金曜日、

巷の改善事例のコーナー

本日はこちら

-----------------------
■ゴミ箱は何個ある!?
-----------------------


あなたの会社に

ゴミ箱は何個ありますか!?
ゴミ箱


従業員1人につき1個!?

20人なら20個?

先週お伝えしたペーパーレスにも

繋がるのですが、

実は、

ゴミを出しやすい環境

が、ゴミを増やす原因
にも

なっているという事に

気付くことって大切なんです(^.^)/

ゴミ箱の場所を

取り過ぎないように

引き出しにマグネットで

貼り付ける小さなゴミ箱を

活用している会社もありました。

ゴミ箱マグネット

でも、ゴミは減りません。

ゴミをいつでも出せる状況にある

ということは、常にゴミが出ることを

想定しているという事です。

”ゴミは出るもの”

そんな意識が働いています。

先週お伝えした東洋通信工業さんの

会社ではゴミ箱は1フロアに

1つだけ!

机がフリーアドレス制なので

脇机も無ければ、

専用のゴミ箱もない。

なので、ゴミを出すと

わざわざゴミ箱のある場所まで

歩いていき、捨てる。

そういう動きになります。

そうするとどうなるでしょうか?

「面倒くさい!」

そう思いませんか?

面倒くさいから、

ゴミ箱を個別に設置して

後で回収する!?

それは面倒くさいという事に

対しての対処になりますが、

この敢えてゴミ箱を1箇所にする

ということで、

ペーパーレスを実現したい!と

目的を持って改善を進めていた

東洋通信工業さんは、

この「面倒くさい」という

意識も利用したのです(^.^)/

「面倒なので、出来るだけゴミを
出さないようにしよう!」


と思わせる

環境にしたのです。

改善意識へ誘導する

制約環境を整えた

ということです。

ゴミに関しては、コンビニや

自販機の横でも

入れる口の形を変え

自動的にゴミを分別する仕組み
コンビニゴミ箱

を取り入れていますよね♪

これも、入れるゴミの形状を

制約したことで、分別できるように

なっています。

どのようにでも自由にできる環境、

人の意識だけに任せた環境

ではなく、

一定の「制約」を作り出した環境

の中で人は適応していくのですよね。

それがいつの間にか

習慣化になるという事です。

ご自身の会社、家庭でも

減らしたいもの

改善したいこと

があった時、人の意識任せ

ではなく、

そうせざる負えない

制約された環境を

作ることで、

その改善は進むかも知れませんね(^.^)

ゴミ箱の数、

あなたの会社は何個ありますか?

では、また来週~♪



**************
何から改善したら良いかわからない
改善したいが、進められるリーダーが
いない。
そんな悩みを解決します!
  ↓ ↓
お問い合わせへ

| 改善の事例 | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

封筒は患者が書く!?~クリニックの改善事例~

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です(^.^)♪

いやー。水曜日は突然の

ブログ休刊、失礼しました!

実は、朝にギックリ腰に

なっちゃいまして・・・

しばらく動けなかったんですね(^^;

今年は、つくづく体の変化を感じる

そんな一年となりました。

来年はしっかり健康を取り戻すぞぉ~~!

そんな気合いを胸に、

今日の週末金曜日、

巷の改善事例は、

先日検査で行ってきた

クリニックの改善について(^.^)/
(病院に行きながらネタを取る!
ただでは転びませんよ~(笑))

-----------------------------
■IT化と紙のよいバランスとは?
-----------------------------

先日、婦人科のクリニックを受診、

まああと数年で50歳ともなると

色々ありまして(苦笑)

とりあえず、相談と採血だけしてきました(^.^)

で、東京に来て初めて

婦人科を受診することになり
(総合病院で健康診断は
受けていましたが)

色々探した結果、

検査設備も整っている

クリニックを受診してきました。

東京は港区のお洒落な地域にある

キレイなクリニック、

都内でも家賃の高そうな

地域にあるそのクリニックには

狭いながらもキレイで椅子などの

置き方や動線が工夫されていました。

その時点でも

よく考えられてるな~と、

思っていましたが、

新規で受付をした際に記入する

問診票でも「おっ!」と

思わせてくれました。

それが、こちら!
i

WEB問診票!
(※実物ではなくネットから
サンプルを拝借)
問診

ipadを渡され、

次々に聞かれる問いに

答えを選んでタップし、

次に進む方式。

途中、入力項目もあります。

この時点で、

「おおーーペーパーレス!」

と効率化に関心したのですが、

実は、ipadを渡される時に

「入力苦手な場合、
紙に手書きでも大丈夫ですよ。」


とも言われました。

これ、イイですね。

完全にペーパーレスにするには

まだ少し年齢層的に早いので

患者さんのことを考えた

取り組みだと言えます。(^.^)/

次に、診察室へ行く前に

こんなファイルを渡されました。

ファイル

カルテを先生に回すのではなく

患者にファイルを渡して、

着替えはどこで、どのようにするか?

診察室の番号は?


など疑問をすべて書いてくれています。

それらが見取り図になっているのも

良いですね(^.^)♪

ちなみに、中を開くとこんな感じ

ファイル2

左側には、オプションの治療等が

掲載(この点は営業のニオイがします(苦笑))

このファイル方式便利ですよね。

ちなみにファイルの裏面には

次回予約を促すメモまで

ありました。

ファイル3

待合室で待っている間に

全部しっかり読んじゃいますよね。

ITと紙ファイルの良いバランス!

両方のメリットを上手く活用しています。

そして極め付けはこちら

-----------------------------
■封筒は患者が書く!?
-----------------------------


手紙

採血の結果を郵送して頂くように

依頼すると、

封筒を1通手渡され、

受付の方に

「結果の郵送先を記入ください」

と言われました。

これ、すごくイイ改善です!!

あとでカルテを見て

→住所を確認して

→記入して、

→また間違ってないかチェックして・・・

(合計4工程)

これが、

その場で患者本人に
書いてもらうだけ!!


書く側も、受診料の

精算を待つ間に書けますし、

まったく手間に感じません。

単純なことですが、

この封筒を患者に書いてもらう!

という発想、シンプルで良い

改善事例だと思うのです(^.^)/

どんな病院でも出来るわけではなく

患者さんの年齢層などにも

左右されると思いますが、

少しずつよりよい改善ができ、

「待つ」時間を有効化、

「情報伝達」のシンプル化


を意識したいものですね(^.^)/


では、また来週~~♪

*************
様々な改善事例ノウハウから
あなたの事務についての
お悩みに答えます!
  ↓ ↓
お問い合わせへ

| 改善の事例 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT