| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これからの文具に求められる機能とデザイン~その2~

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

暑い日が続きますね。

我が家では、エアコンを除湿モードで

夜中も数時間つけたままにしています。

電気代が気になる方もおられるかも

知れませんが、実はエアコンを

つけたり消したりを繰り返すよりも

1ヶ月の電気代は安いという事実に

気付きました。

但し、電源に熱がこもりすぎたり

カラダへの負担もあるので

ずっと付けっ放しではないですけどね。

さてさて、先週の文具展ハシゴのお話し

今日はKOKUYOメッセです!!

----------------------------
■薄型の自立型筆箱
----------------------------

午前中の東京ビックサイトでの

文具展から、品川へ移動し

KOKUYOさんの会場へ!

入口から入り、

最初に立ち止まったのは、

自立する筆箱の新商品の前

筆箱

少し薄くなり、色も今までの

POPな感じから渋めへ

男性ビジネスマンが持ちやすい色でした。

これはなかなか良いです。

薄めのカバンにも収まりがよく

使用時にはしっかり自立するので

使い勝手も良いですね。

道具をたくさん持つのではなく

限られたものをコンパクトに

持ち歩くことって

ビジネスマンには大事!!

私も商品が出始めたら早速

買いたい一品です(^.^)♪

------------------------
■1つで2役のハサミ
------------------------


次に目に留まったのはハサミ!!

「HAKOake」

宅配便で荷物が届いた時に

どんな道具を使って開封しますか?

私はカッターを使いますが、

たまに刃が中身にあたって

キズつく事があったり、

厳重にテープ紐が巻かれていたりすると

ハサミに持ち替えてテープを切る

というような事があります。

このハサミは、

カッターとハサミの2役出来る優れもの!

更に私がこのハサミに感激したのは、

その道具を使う際の配慮に優れている点♪

ハサミ

刃の先端部分がカッターの刃のようになっていて

ここで切るのですが、

そのハサミの刃の真ん中あたりに

ストッパーがついていて

刃が出すぎる事を防ぎ、

開封時に箱の中身のものをキズつけない

配慮がありました。

これはなかなか優れもの♪

自宅の玄関や、会社の荷物受取場所あたりには

欲しいハサミです(^.^)♪

--------------------------
■「可愛い」がヒットの鍵?!
--------------------------

機能とはちょっと違った視点でいうと

テープのりの新商品に目が留まりました。

この商品はデザイン柄がかわいい!
テープのり-1
テープのり-2

どちらかと言うと個人消費者ウケで

ビジネスシーンではコストが高くなる場合は

厳しいかも知れませんね。

ちなみに私は青の水玉にてんとう虫柄を

狙っています。笑!
(まんまと「可愛い」に引っかかっています)

「このデザイン柄は可愛いですね!
特に青の水玉にてんとう虫柄はすごく売れそう」
と、担当者に声をかけると、

「実は、小売店などの店頭には、
他の柄の2~3倍の割合で、水玉とてんとう虫の柄
が並びます。」

やはり!!

でも発売9月じゃーーん。

夏にぴったりな柄だし、

早く出してほしいなーー

-------------------------
■コピー用紙BOXが保管BOX
-------------------------

ほかにも

片づけやすいファイルなども

紹介したい所ですが、またの機会に!

最後にお話ししたいのは、

こちら

コピー用紙BOX

コピー用紙を入れているBOXが

そのまま資料保管BOXとして使えるもの!!

文具通販の「カウネット」でのサービス

になるようです。

でもね。カウネットさん、

現場では、
今までもそのように活用していましたよ(^.^)

ただ、そこに気付いてもらえたのは

素晴らしい!!

だって箱に年度や資料名を書く場合は

白い紙やシールに印刷したり

手書きして貼っていましたから!!

ここまで気づいてくれた商品が

嬉しくて、更にこんな提案をその場で

してみました!!

カウネットさんだけでなく文具メーカーさん

紙(段ボール)製品を扱っている会社さんに

是非、お伝えしたいこと!

-------------------------
■資料保管の先の使い道
-------------------------


資料の「保管」は一時的なこと

に気付いてほしいのです。

資料は永遠にずっと保存するのでしょうか?

いいえ、

最終的には「廃棄」するのがほとんどなんです。

電子データでの保存が進む中

法的な保管期間をクリア出来れば

廃棄できるのですから、

紙保管をずっとすることは更に

減っていくことでしょう!

だって、ずっと保管していれば

その置き場代が発生し続けることに

なるのですから・・・

廃棄待ちの段ボールの為の倉庫代が

増えるなんて考えられませんから。

では、廃棄する時はどうするのでしょうか?

シュレッダーですか?

それでは時間や人件費がかかっていますよ!

私がおススメしているのは

「機密文書溶解BOX」
※経営資料や契約書など機密文書を
箱に入れ、封印し、中身を空けずに箱ごと
溶かしてくれるサービスです。


上記のキーワードでネット検索すると

宅配業者さんを筆頭に

このサービスを提供している会社は

多く出てきます。

法的保存義務期間を

終えた会計資料などをこの

機密文書溶解BOXへ入れて

一気に廃棄することを

社内の資料整理をアドバイスでは

おススメしています。

そこで、

さきほどのこの商品
段ボール2
この段ボールが、

機密文書溶解BOXを兼ねていたら

どうでしょうか?

資料を入れ替える手間も省けますし、

年度など記載しているので

捨てるBOXも一目瞭然です!

一気に手間は省けますよね。

このコピー用紙BOXがそんな進化を

とげたら・・・それはもういち早く

商品化(サービス化)が出来た企業の

一人勝ち
になる!!と私は思うのです。

企業がこぞって買うでしょう!

紙製品は今後どんどん減っていきますが

だからこそ出来る進化はあります。

お客様はどんな活用をし、

何を望んでいるのか?

紙を無くすための「紙」サービスを

目指す未来は面白いのではないでしょうか?

ああーー早く商品化してほしいなぁ!!

そうしたらどんどんお客様に提案するのに。。

ちなみに、商品化したい!という方

いらっしゃったらぜひお声かけくださいね。

現場の声とアイデアはたくさん持っていますよ(^.^)♪

これからの文具は

商品の機能の更に先の未来を見た時に

どんな状況が起きているか?に

目を向けること
が大切だなーーと

感じた文具展でした(^.^)♪

(余談)
その後、会場でお会いした
文具ヲタク仲間と一杯飲みながらの
座談会まで楽しみました♪

| おススメの本、文具、商品 | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これからの文具に求められる機能とデザイン~その1~

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です(^^)♫

今日も東京は暑いです!

九州地方は、豪雨による被害や

昨日の地震と災害が続いておりますね。

1日も早い復旧復興を祈っております。

※ちなみに被害の大き勝った
福岡県朝倉市には「ふるさと納税」が
多く寄せられているそうです!
これはふるさと納税の素晴らしい活用法です。
↓ ↓
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1430372754908/

さて、本題へ

先週水曜日は文具の展覧会をハシゴを

していました。

東京ビックサイトでの「ISOT文具展」
品川で「KOKUYOメッセ」

最近の文具は
「楽しめる」「可愛い」「カッコイイ」

と言うコンセプトが多いな~~と、

感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
■事務から販促、営業ツールへ?!
ーーーーーーーーーーーーーーーー


文具って、社会人になると

「会社から支給されるもの」

ではあるのですが、

個人的に愛用しているものを

自費で購入して会社で使う方も

多いです。

常に自分で使うもの、
いつも目にするもの、

には、それぞれの「こだわり」が

あるようです。

また、中高生、大学生、OLを意識

した可愛い系文具も多いですね。

今回、ISOT文具展では、

マスキングテープやシールなど
特に紙製品に新たなデザイン性や
機能、活用法が刺激されました。

例えばこんなマスキングテープがありました。





マスキングテープの活用法は

テープ感覚で飾ったり、
テプラ代わりにすることから

シール感覚で創造する!
絵で表現!

と言う活用法が増えてきた感じです。

その徹底的に創造させる
マスキングテープがこちら!
↓ ↓







わかりますでしょうか?

一つ一つの車や標識のパーツ、
花びら一枚一枚が、
一つのテープ上になっていて、

その一つ一つを使って、組み立てて

道路地図のようなものを作ったり、

絵画のようなデザインを表現したり

出来るのです(^^)

どちらかと言うとシールに近い感じです。

「遊び感覚」と捉えますか?

私は、創っていく楽しみ方!で言うと、

活用出来る場面は結構あるなと

感じました。

住宅販売、建築、内装デザイン、
会社の近隣地図表現、
来店客のお子様用ツール、
紙コップ、プラスチックコップなどの
マーキング、、、。などなど

アナログ的良さ、
一つ一つを組み立てて行く工程の
楽し方、
しかも付け替えもカンタン♫


また、さらに実用的な所では、

素晴らしいデザインのシールを

見つけました。








包む、飾る!と言う点で

シンプルなデザインでいながら

洗練されたものがたくさん♫

物販、小売店、飲食店、
内装デザイン

に特に活かせるモノです!

※ちなみにこちらはシールなので
剥がす時は一苦労しますよ。
マスキングテープとは違うので
ご注意を!


文具は「事務」ツールから、

「販促」「営業」的活用法が

出来る二足のわらじを履き出したな!

と言う印象でした。(^^)

このあと、KOKUYOメッセへ!!

そこでも文具パラダイスが!!!

そのお話は明日♫

| おススメの本、文具、商品 | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリアフォルダとして再利用できるDM

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

年々春の終わりが早く感じるのは

私だけでしょうか。。今日も暑いですね。

さて、弊所では会計ソフトは「Freee」を

使っております(使い始めて3年経ちました)が、

先日、FreeeからDMが届きました。

ちょっと面白いDMだったので

ご紹介いたします。

----------------------
■クリアフォルダとして再利用するDM
----------------------


DMをお送りされている会社様であれば

開封率は気になるところ、

印刷業界でもこのDMに関する工夫は

様々思案しているようで、

紙封筒から透明のOPP袋の活用や

紙封筒でも返信用封筒一体型や

最近ではクリアファイルとして使えるものも

出てきています。

まさにコレです!

<開封前>
開封前
  ↓ ↓

<開封後>
開封後

このように、切り取り線で2辺を切り取ると

クリアフォルダとして使えるというもの。

実際にクリアフォルダを使うかどうかは

別として、

なかなか面白いアイデアです。

なんとなく開封してみたくなります。

そのうち気になって、

この商品について検索してみました。

商品名は『ファイルDEメール』
※株式会社マルモ印刷さんにて
商標登録されている

  ↓(下記クリックください)
ファイルDEメール(HPサイト)

様々な印刷会社さんで取り扱っているようです。

完全見積の為、どのくらいかかるのか?

目安が分からないのですが・・・

他社さんを見て見ると

最低ロット500枚~で単価170円/枚~
(※4色カラー刷り)

という情報がありました。

うーーん。。。微妙・・・

実際の所、開封率と顧客獲得率が

同じとは限らない所が気になります。

資料をクリアフォルダに入れ、

保管しやすい資料がこの封書で

届くと便利かも知れないなと

受取り側としては思うわけで・・・

ぜひ、メリットデメリットは、情報から

ご検討くださいね(^.^)♪


(余談)
私がお仕事させて頂いた
企業様では、手書きDMで
成果を上げているお客様が多いです。
最終的には商品やサービスが良い会社様
だから成果になるのですが、
「真心こもったお手紙」の実践が
素晴らしいなと感じる今日この頃です。(^.^)

| おススメの本、文具、商品 | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ScanSnapは自炊と名刺管理だけじゃなかった

こんにちは、

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)

先日、

月に一度開催されている

株式会社YPPさんが主催している

「事務カフェ」に参加してきました。

今回は「ScanSnapの活用法」についてだったので

尚更です(^.^)

実は私1年前に購入していたのですが

※下記の(ix500タイプ)
ix500

大量の資料のスキャンや名刺管理の為に

購入し、

プログラム内に色んなボタンが

あるなーーと思いつつ

使い方を確認していなかったのですよ(苦笑)

そこで今回その活用術を聞けるという事で

「キターッ!」とばかりに参加したのです。

-----------------------------
■ScanSnapを持ち歩くメリット?
-----------------------------


まず驚いたのは

今回の講師の山﨑 修先生は、

スキャナを持ち歩いているという事。

※下記のコンパクトサイズ(ix100)を使用しているそうです
ちなみにパソコンと繋げなくてもWifi接続で
ネット上に保管されます。(スマホで確認できる)
コンパクトサイズスキャナ


「最近はスマホもあるし、
写メを撮ってメールでも良くない?」


内心私はそんな風に思っていたのですが、

その使い方に納得

1)紙資料の受け渡し削減
訪問時にお客様から頂く資料をその場でスキャンし
持ち帰らない
⇒コピーを持ち帰っても結局データ保管し、
 紙保管をしない場合特に有効

⇒写メは、印刷すると黒っぽくなるので
キレイにデータ保管できる

2)手放しデータ保存
ScanSnapクラウドを利用すると
保管先を先に設定しておくことで
保管の為の操作をする事なく
⇒Googleドライブや
evernote、Dropboxなどに保管完了!
会社に戻ってからデータ保管のし直しがない


3)ExcelとWordへの変換
印刷された表形式の資料や
案内、お知らせなどの類の文書が
スキャンデータからExcel形式やWord形式へ変換できる

4)領収書を移動時間でスキャン
領収書をその場でスキャンすることで
クラウド上の会計処理のシステムと連携し
仕訳を作成してくれる連動機能がある
⇒会計士さん、税理士さん、個人事業主
にはかなり便利な機能かと


5)A3サイズを2つ折りで読み込める


私は特に3)4)5)に驚きました

-------------------------
■資料作成を断然ラクに!
-------------------------


3)のExcel変換、Word変換のデモでは

決算書をコピーした資料が登場

これをスキャンすると

なんと、Excel形式で読み取るではないか!Σ(゚Д゚)

この

変換したデータから
様々な計算式や資料作成がラクになる♪


元々データでないようなものなどが

データ化されるのが最大のメリットだ!(≧▽≦)

※なお、手書きの表や文書は
文字化けして変換対応できないのでご注意ください


-------------------------
■斜めでも2枚一度でも一つづつ
-------------------------


次に4)の領収書のスキャン!

斜めになっていても

2枚同時にスキャンしても
1枚づつ読み取ってくれる


のだ!

しかも仕訳が作成されるなんて

夢のようですよね(^.^)

※ちなみに仕訳作成には
仕訳作成のシステムと連携しておく
必要がある(他社システム利用は有料)


なお、他には、カタログや装丁のしっかりした
本などをスキャンする機械の紹介もありました

※動きと音を聞いていると
近未来の世界感です。笑。

立体スキャナ

ちなみに上記のスキャナで5枚1度に
スキャンした領収書は下記のように
1枚ずつデータ保存されます

データ保存状態

ただ、やはり据え置きタイプは場所を取りますし
手軽さでは私はコンパクトなix100タイプかな~と。

--------------------------
■図面など大きなものもカンタンに
--------------------------


建築業界や設計、工場関係で

A3の図面や資料を多く扱う業界には

かなり朗報!

A3サイズのスキャンなんて

会社にある複合機でしかスキャンできない

なんてことが無くなります♪

A3図面を記載面を上にして二つ折りにし
そのまま読み取る


両面読み取りの機能を活かして

A3サイズの見開きに自動変換

してくれるのです(驚き!)

私のすでに持っているix500タイプも

A3読み取りデキるのですが

わざわざ下記のようなシートに

二つ折りにして入れてから

読み取る必要があるのです
A3読み取りシート

これはコンパクトサイズのix100の

読み取りのローラー機能の問題なのだそうです。
 ↓以下ローラーの説明
※ix100は全体にローラーが走っているが
ix500は機械の真ん中部分にローラーがあるため
シートを使用しなければ、紙がよれたり詰るのだそうです



ただやはり、携帯できるメリットや手軽さを

考えると、コンパクトサイズのものの方が

私にはメリットを感じたので早速購入♪

早速様々な活用を楽しみつつ、

活用を理解したら、更にこれを活かせる所へ

提案するもの良いかなと考えております(^.^)♪

便利な機能、

知らぬと知っているでは大きな差。

知っていると活用しているでは「利益」の差

持ってるだけでは

宝の持ち腐れになりそうです(^.^)

※ScanSnap公式ページ

| おススメの本、文具、商品 | 16:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

応用しやすい、文具が最強!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です(^^)

三連休はいかがお過ごし

でしたでしょうか。

私はと言えば、大阪にて

「TOC実務者コース」

と言う研修を二日間受けて

おりました。

TOCって何?!

と言う方はこちらをご覧ください
↓↓
TOC~Wikipediaより~

さて、その研修を受けに行くにあたり

また、仕事で外出する際、

私が必ず持っている文具があります。

それは、

4色+シャープペン
と、
マスキングテープ

です!!


---------------------------
◾︎貼る、書く、見せる!
---------------------------


ペンは分かるけどマスキングテープ?!

と思われる方も多いと思いますが、

特に、イベント、研修、勉強会では

分かりやすくその能力が

発揮されるのです。(^^)

イベント会場で良く発生する会話で、

「●●を貼るテープがない!」

「受付を分かりやすく表示したら
良かった」

「ホワイトボード用の磁石がないない」


などなど、

こんな時、マスキングテープがあれば

紙の4隅にマスキングテープを付け
貼りだしたり。


「お名前ア~タ行」と言う表示
受付席の机や見やすく壁に貼ったり。

ホワイトボードの磁石がなくても
表示したいものを貼り出したり

出来ます。

また、最後に備品をまとめる時でも

幾つかの備品をまとめて

グルッと巻きつけて

マスキングテープに、

「●●用」や保管場所

「自宅へ」「会社へ」「●●さん返却」

記入することも出来ます。

今回の研修でも、

講師の先生が準備していた

テープが途中で切れた時も

マスキングテープが活躍!!

紙などを「貼り出す」

貼り→剥がす を繰り返す。

テープをラベルとして応用し
「見せる」

ちなみにこんな事にも便利
※懇親会などでグラスが分かりにくく
ならないようにも応用できますね♫


と実に活用の幅が広い。

『道具』に関しては

持ち物をどんどん最小限にしたい

私としては、

応用の幅の広い文具は

最強の道具になるのです(^^)♫

あなたの最強文具は何ですか?

良ければ是非コメント下さいね。




| おススメの本、文具、商品 | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT