FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

潜入!最新文具・紙製品♪高倉推し

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

本日、週の真ん中水曜日。

国際文具・紙製品展示会ISOTへ

昨年に続き、PRサポーターとして

潜入してまいりました(^.^)/

今回も、「これ、オフィスで使える!」
という効率的なものから
「使い勝手は微妙ながらとにかく欲しい」
と言うキュンキュンする商品まで

さまざまなものが目白押し。

そしてやはり一度ご紹介するには

情報量がありすぎるので、

ブログでは来週もご紹介します。

ちなみに、高倉が立ち寄ったブースの

1つ1つはツイッターにて

1商品ずつ個別紹介しております♪

のでツイッターも是非ご確認を(^.^)/
↓ ↓
https://twitter.com/SueTakakura

----------------------------
■『記憶』と『記録』とプラスα
----------------------------


本日、2019年文具大賞の受賞式も

開催されていました。

ちなみに、大賞作品含め、

受賞作品は、こちら
 ↓ ↓
第28回日本文具大賞受賞作品一覧

機能部門のグランプリは、
プラチナ万年筆(株)さんの
『プロシオン』

デザイン部門グランプリは、
(株)マークスさんの
『システム手帳』

さすが文具・紙製品。

文具のあるべき姿って、

『記憶』と『記録』を促すもの

といった印象です。

なので、記録するペンと手帳

そこに効率化デザイン性

楽しさなどのプラスα要素

加わっているのですね。

ちなみに『書く』ことって、

人の記憶を、体で覚えるのに

良いのですよね。

書く(体感)、見る(視覚)

さらに口に出しながら書くと

聴覚まで刺激しますね(^.^)

また、文具って

効率化だけの視点ではなく

それを使うことでなんだか楽しくなる(^.^)♪

そんな文具、なぜか1つは持っていたり

しませんか?(笑)

使う文具がモチベーションを

上げてくれることもありますからね。

ちなみに今回、私が「欲しい!」と

思った商品は、こちら(^.^)/

wemo(ウェモ)パッドタイプ
WEMO
※腕に巻くタイプは見たことも
あるかと思いますが、
ノートPCやスマホの裏側
デスクトップPCにだって貼れるシート式。
ふせんもいいですけど、
際限なく使えるモノとして、エコで便利♪

mtマスキングテープ黒3mm
mt

※マスキングテープの白12mmは
私のマストアイテムですが、マットタイプの黒が
いつの間にか発売されていたΣ(゚Д゚)
これ、ホワイトボード内の罫線引きに
ちょうどイイです!!
ちなみに1巻(10m)×3巻セット250円(税別)は
ホワイトボード罫線テープとしてはお得♪


MAG SAND(マグサンド)
(株)マグエバー

マグサンド
2019年日本文具大賞の機能部門で
優秀賞も取られた商品。
ガラスや木の扉でも両面から磁石で
障害物を挟むことで使えるタイプ。
ガラス面の店舗のお知らせ掲示、
スチールや金属性の家具ではない
ところでの穴を開けないフック使いに
とっても便利。(※磁力が強く、コーティングに
より、その磁力でガラスを挟んでも
割れる心配がないのが特徴)


●カール事務機ブックエンド
ブックエンド
ツイッターにもつぶやいたのですが、
しっかりした重みがあって、
ブックエンド内が更に仕切られ、
その幅を伸縮できるタイプで
1500円(税別)と言う価格は驚異!
側面に磁石も使えて、オフィスでは
使いやすい商品です。
公式HPではまだこの商品の紹介が
ないようです。
※ちなみにAmazonで調べると
他社製品で同じようなもの発見!
しかも値段が安くなっている・・・
これは気になりますね。。。


そして、番外編でこちらも(笑)
呉竹筆ペン
呉竹
この年になると、墓参りが増える
のですが、その際にお墓の文字の
色欠けが気になるものです。
お寺さんに依頼することも
出来ますが、この筆ペンがあると
簡単に修正できるようです。
これは便利♪
ヨドバシカメラの通販636円(税込)送料無料
で購入できます。

今回、私の「欲しい!」を中心に
書きましたが、いかがでしたか?

来週は、「楽しい」「可愛い」「美しい」
中心にお届けしますね~♪

****************
オフィス環境の「コト」「モノ」
「仕組み」の整理整頓で
効率UPを目指しませんか?
  ↓ ↓(下記をクリック)
まずは90分の
『問題の見える化コンサル』から!


****************

| おススメの本、文具、商品 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Dropboxのスマートシンクで容量あんしん!?

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

どんよりした曇り空ですが、

気温低めで快適に過ごせるな~と、

暑いのが苦手な私は、

ひと時の“涼”を楽しんでおります(^.^)

まあ、気になるのは

足元の水たまりと、

<傘>という手荷物が増えること

くらでしょうか。
(荷物は極力減らしたいので)

さて、そんな週の真ん中水曜日、

クラウドサーバーは

Dropboxを主に使用している私。

新機能で更に快適に

使えそうです(^.^)/

----------------------------------
■ノートPCのドライブ容量がいっぱい?
----------------------------------


クライアント先の業務改善を

行うにあたり、

様々な書類に目を通したり、

画像を見ることがあるため、

DropboxやGoogleドライブなどの

クラウドサーバーを利用して、

資料を保存しているフォルダを

『共有』設定にして頂き、

閲覧するようにしています。

こうすることにより、

添付メールやを送る手間や、
(※しかも圧縮してパスワード付きとか・・・ww)

画像など容量が大きいものも

すぐに確認できるようになります。

しかし、ある時、

「高倉さん、ノートPCで
Dropboxを同期して使用している
ようですが、
ノートPCの容量がいっぱいに
なりませんか?」


困った

ちなみに、私はノートPCの

ハードドライブ内に保存している

資料は少なく、大丈夫でしたが、

Dropboxというクラウドサーバーでは

以前まで、

使用するパソコンのハードドライブ内
(※そのパソコン本体に溜めこめる
データ保存の器)

と、ネット上で保存されている

データを『同期』と言う形で、

自動保存されていたのです。

ですから、先の質問のように

ハードドライブの容量がいっぱいになる

と言う現象が起きていたようです。

そこで、問題解決で登場したのが

『スマートシンク』と言う機能。

今まで、

PCのハードドライブ(ローカル)保存

だったものが、

オンラインでの設定が可能になり、

見ため的には、今までと変わらず

使用できるというもの。

すっきり


詳しくは、こちらをご確認下さい
 ↓ ↓
Dropboxスマートシンクとは

もちろん、有料版でしか

使用できないのでお気をつけ下さいね。

ちなみに、プラン高めの
Professionalや
チームプランで使用できていた

「全文検索」も、DropboxPlusでも

近々使えるようになるそうです。

これも、便利ですね(^.^)/

世の中更に進化中~!!

ついていけるか、私(笑)


では、また金曜日に~!!

****************
オフィス環境の「コト」「モノ」
「仕組み」の整理整頓で
効率UPを目指しませんか?
  ↓ ↓(下記をクリック)
まずは90分の
『問題の見える化コンサル』から!


****************

<お知らせ>
※6/16~6/18までお休みをいただきます。

| おススメの本、文具、商品 | 09:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現金管理削減に必要な仕組みとは!?

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

最近、コンビニに買い物に行くときは

スマホだけ持参して行くようになりました。

レジでは、現金やクレッジトの他、

ID決済やスマホ決済が使えるので

便利ですよね。

ちなみに私は、メルカリPayに

チャージして使用しています。

夜間や休日に出金したくなったり

コンビニから出金する時などは

出金手数料が必要になりますが、

メルカリPayだと手数料が

かからず、すぐにスマホに

チャージされるのがとっても便利です。

クレジットカードをスマホに登録

しておくのも良いですが、

少額の仕事以外での支払を

現金管理的に別管理したいので

ちょうどいいのです(^.^)♪

私は、経費管理の効率化も

含めて、

現金決済がもっと進んで欲しい派

なのですが、

駅中でこんな自販機が登場しているのを

ご存知でしょうか。

------------------------------
■現金管理削減の必要性とは。
------------------------------


JR 品川駅で、こんな自販機を

発見しました。

自販機

交通系電子マネー専用の

自販機です!

しかも、5円お安く購入できるというもの。

エキナカということもあり、

交通系電子マネーのみになるので

注意が必要です。
(ID決済や楽天IDは使用できません)

企業の事務処理業務を見ていて

常々悩まされるのは、

現金入金処理、つり銭の補充の

業務改善です。

数十年前では、地域密着の

信用金庫さん信用組合さんでは

よく現金回収を行い、

預かった通帳へ入金処理をしてくれる

というサービスがありましたが、

今ではそのサービスはなく、

現金入金のある会社では

どのようにその管理、入金、確認を

素早く、正確に行うかが必要で

案外手間を取られる業務です。

小口専用口座を作って

管理したり、

売上入金にクレジットを導入し、

現金入金を削減したり、、、、


レジ用のつり銭を準備するのも

手間がかかります。

どこの会社でも、

大体1日に用意しておく

小口金庫に補充する小銭など

一定額を決めて置き、

1日分や2~3日分などを用意

します。

その小銭の両替は、

銀行に行く必要があり

(小銭両替専用ATMも大抵
銀行内設置)

補充する。

また、

毎日のように小口現金の残高を

実際に数える
作業もあります。

小銭への両替でも

両替手数料が必要な場合が

多いため、

すでにある小銭をつり銭として

使用
しつつ、不足分のみ両替

ということをする会社もあります。

いやー。手間ですね。(^^;

自販機の収入管理にしても

同じような手間が増えます。

そもそも自販機収入は、

電気料金も差し引くと

収入は少ないです。

ですが、この現金管理と

つり銭管理が、本当に手間なんですよね。

そんな中、この電子マネー専用の

自販機は事務作業軽減になりそうです。

5円引きのこの販売期間で、

どんどん電子マネー決済が普及

すれば、自販機の現金管理業務の

人件費、時間がかなり軽減されるはず。

※1本あたり5円は大きな値引なので
ずっと続くかは、利益と削減効果を
比較しないと何とも言えませんが。。

まだレジは現金管理です!と

いうお店には、是非、クレジットカードや

電子マネー決済、QRコード決済など、

「うちはほとんど現金のお客様が多いから」

と言わずに、普及させる工夫、仕組みを

考え、より管理体制を効率よく

できるといいですね(^.^)/


では、また金曜日に~♪

****************
オフィス環境の「コト」「モノ」
「仕組み」の整理整頓で
効率UPを目指しませんか?
  ↓ ↓(下記をクリック)
まずは90分の
『問題の見える化コンサル』から!


****************

| おススメの本、文具、商品 | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「他人モード」にハイジャックされた脳って?!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

週の真ん中水曜日!

いかがお過ごしですか?

月末週に入って改善プロジェクトも

大詰めの最中、

「PDCA」をどう回す?

「効果測定」はどうする?

と考えている時に、

ふと

「ところで、改善の目的に
向かっているのか?」


「そもそも目的なんだった?」

と言う会話をしだす私・・・

モヤっとした空気が流れる。

目的を徹底的に決めてから

始めることって、

セオリーなんだけど、

そもそも

「感覚的」な思考の人と

「論理的」な思考の人がいて

論理解釈に不慣れな場合は

『仮の目標』を設定しつつ、

まず実際にやってみるのが私の手法。

そこで体感し、感じた状態で、

情報をまとめ一覧化(可視化)

して、分析していくのですが、

ここで、問題発生!

この分析や情報共有を

進めていくと、いつの間にか

視野が狭くなってくる。

いわゆるタスクの消化と、

改善状況の『報告』と『共有』

目的化している現象が起きるのです。

そこで、目的の振り返りと、

改善アイデアの検討会を

行います。

ですが、アイデアってなかなか

出てこないものなんですよね。

特に事務系は出にくいです。

それはなぜでしょうか。

その分かりやすい答えを

導き出してくれた本があったので、

本日はこちらをご紹介したいと

思います(^.^)/
(画像クリックでAmazonへ)
 ↓ ↓


改善アイデアがなかなか出てこない

その原因は、

「他人モード」にハイジャックされた脳

だった。という事実に激しくうなづく。

ちなみに、

他人モードにハイジャックされている状況とは

著者いわく、
(下記本より一部抜粋)

***************

・人から受け取った情報に反応する
「他人モード」の行動

・「自分がどう感じるか」よりも
「どうすれば他人が満足するか」
ばかりを考えている

・何気ないソーシャルメディアの
投稿をする時でも、どうすればフォロワーたち
を喜ばせ、「いいね!」を押してもらえるか」
をつい考える

・・・・など(本の中ではいろんな事例が
書かれています)

「他人モード」に由来する停滞感は、
ネット時代に生きる私たちの
「生活習慣病」と言ってもよい。

***************

そう、これかも知れない。

相手が求めているであろう答えを

PDCAの中で報告として伝え始めたり

アイデアによる行動は

誰かが主導してくれるもの

になっていたりするんですね。

いかん、
「他人モード」にジャックされている!


と思わず危機感を感じてしまいます。

では、どうしたら、

アイデアって出るようになるんだろう?

この本では、

「他人モード」ではなく

「自分モード」への切り替え方や

様々な思考プロセスによる

発想と手法などを

下記の4つの思考などで

解説している。

「カイゼン思考」
「戦略思考」
「デザイン思考」
「ビジョン思考」


上記4つの思考を

概略(イメージ図も使って)を
説明しつつ、

今後、どのような思考が求められるのか?

まで解説されているのですが、

私がより気になったのは
この「他人モード」と「自分モード」という

言葉に尽きる。

*********************
答えがある時代に当てはめた思考法は
今後使えなくなるおそれがあり、
不確かで曖昧な未来には、
「自分モード」で考え創られる
≪妄想≫こそが新たなイノベーションを
起こす原動力となることを伝えている。
*******************

という上記のような表現に、

「自分モード」の状態不足に
危機感を覚えた。


そこで「自分モード」を取り戻すべく

【余白づくり】が大事になる

との事。

ふむふむ。

で、自分モードの余白づくりって?

これ以上は、差支えありそうなので

ぜひ、読んで頂きたい。

「自分モード」の思考法、

【余白】の大切さ、作り方を

もっと知りたい方に

ぜひおススメしたい1冊です(^.^)/


あなたは「他人モード」になっていませんか?
どんな思考法がこれから生き残って
いくのでしょうか?

ぜひ読んだ感想をお聞かせ下さいね~♪


では、また金曜日にお会いしましょう(^.^)/

****************
オフィス環境の「コト」「モノ」
「仕組み」の整理整頓で
効率UPを目指しませんか?
  ↓ ↓(下記をクリック)
まずは90分の
『問題の見える化コンサル』から!


****************

| おススメの本、文具、商品 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

重量で在庫管理!?

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

先週、東京ビッグサイトで行われていた

クラウドコンピューティングやAI業務効率化の

展示会へ視察に行ってきました!

「おっ!これいいな!」と思っても

初期費用やランニングコストが

高額なものも多く、

小規模な会社には厳しいな・・・と

思う料金体系が多かったのが残念。

開発にお金がかかるのはワカるのですが

もう少し小規模から中規模をターゲットにした

価格設定のものが欲しいなと

思うのですよね~。

ちなみに、コンパニオンのミニスカや

お菓子の粗品を配る展示ブースの

価格設定は軒並み超高額ですね。。

うーん。ミニスカは必要なのだろうか・・・

お菓子で興味引くって、、、違うと思うな。。

そんな中、

ちょっと面白い商品を展示している会社を

発見!本日はこちらをご紹介します。

--------------------------------
■重量=物の数量
--------------------------------


もちろん、今回はクラウドやAIでの

業務効率化主体なのですが、

店舗管理、在庫管理の商品を

展示している会社もあり、

お客様で受注、発送、在庫管理で

悩まれている方の改善のヒントに!と

見て回っていたところ、

こんな商品を扱う会社さんに出会いました。
  ↓ ↓
Smart mat

スマートマット

このマットの上に商品を置いて、

その重量で在庫管理をする仕組みです。

よく、在庫で段ボールの中に数十個の

同じ商品があったとして、

その商品の実在庫を確認する時は、

段ボールの中に入っている個数を

調べる必要があります。
(※私は段ボールラベル内で
記載する方式をおススメしたり
していますが、記入もれると
意味ないのです・・・(^^; )

ところが、これは、

商品1個あたりの重量を設定しておき、
 ↓
マットの上にその商品をすべて置き、
 ↓
その商品が減った重さで、在庫数を確認し
 ↓
あらかじめ設定した発注点に到達すると
 ↓
自動で発注業務も行ってくれる

というマットなのです。

この発想めちゃめちゃいい!!

「数」ばかり気にしていたけれど

「重さ」=「数」という方程式が成り立つ場合は

十分これで全自動化できるスグレモノ!

化粧品関係の在庫、

機械の部品関係、

など、

とくに細々した商品を取り扱っている場合に

かなり使えそうです!

但し、「重さ」=「数」が成り立たないと

これは使えないので要注意!

カスタマイズ商品、お菓子など

重量が1個1個異なるものの場合は

1個に1マットになるため、

このマットでの管理向きではない

のですよね。。

コストだけがかかり過ぎますし

スペースを取ります。

ちなみに、展示会場に居た社員さんに

質問してみました。

私:「商品アイテム数や支店があって、
このマットを敷くとなると、
コストが合わないんですよね・・・」

(※私が使うかのように質問ww)

すると、

出展者:「実際は、よく出荷されて在庫がコロコロ
変動する商品にだけ使用されることが
ほとんどですよ。」

とのこと。

なるほど!

ほとんど動かない在庫にここまで用意

する必要はないですね。

必要な在庫管理の部分だけこれを利用する!

というのは良さそうです。

小物商品の在庫管理で悩まれておられる方、

検討しても良いかも知れませんよ(^.^)/

詳しい説明動画はこちらから
 ↓ ↓


※なお、
5台分のおためしパックプランも
あるので試しに使ってみるのもいいですね。(^.^)♪
※8,000円(消費税・配送料金別)/月~


では、また金曜日に~♪


****************
オフィス環境の「コト」「モノ」
「仕組み」の整理整頓で
効率UPを目指しませんか?
  ↓ ↓(下記をクリック)
まずは90分の
『問題の見える化コンサル』から!


****************

| おススメの本、文具、商品 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT