2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

0円、100円のノートパソコンって【本当に安いの?】

こんにちは、高倉です!

今日は、ホームページ作成の為、打合せ・・・

近くにヨドバシカメラがあったので寄り道です。

軽いノートパソコンが欲しくて購入を考えているのですが、

最近、【0円ノートPC】

【100円ノートPC】ってありますが

本当に安いのか?

機能は?

サポートは?


皆さんも気になっている方いませんか?

そこで、ノートパソコンのコーナーへGO!

まず、

0円や100円という類のノートPCは

ノートPCではなく、

【ネットブック】というネーミングで

販売されていました。

『なぜ』か?

店員に色々聞き込みをしたところ、

話をまとめると、

『ネットを見たり、自分のブログを更新したり、
メールをしたり』に向いてるからのようです。


画像処理を行ったり、音楽焼付けをしたり、

ワードやエクセルなどを多彩に使用する

ビジネス向けではないようです。

私の印象では、

ノートパソコンのように使えて速度の速い『携帯』

のイメージです。

処理速度やメモリなどがやはり足りないようですねっ。

しかも、『イーモバイル』に加入してこの値段!

イーモバイルの加入って???

基本料金は2,980円らしいのですが、

結局のところネット検索を3回見ると基本料は

オーバーするらしいです(早っ)


と言うことは、6,880円のプランになるんですねっ・・・。

店員いわく

「携帯のパケ放題!と同じ理由です」との事。

【では試算してみましょう!】

例えば、

某メーカーのネットブック!

●本体価格【約55,000円】
  ⇒イーモバイル加入で【9,880円】の場合

?購入時は確かに9,880円
?イーモバイルは2年契約
 (⇒途中解約すると時期によりかなり請求されます)
?結局パケット料を考え(月)6,880円で契約×2年=165,120円


【結論】

下記の人には向いてる可能性はあります。

『ネットとブログを外出中でも随時見たり、更新する人』 
  ↓
ですが、そんなに必要ですか?

「初めてパソコンを購入する!安いし、いいかな?」
 ↓
★ノートパソコンでも、デスクトップでもいいですが、
 ネットブックはオススメしません!


結局のところ・・・

?パソコンに慣れて来た時に多様性に欠けます。
  処理能力はやはり低いからです。

?通信環境にいくらのコストをかけますか?
  処理速度や使用時間など様々なケースによって
  モバイル用の通信機器は安いものもあります。
  使用頻度を考慮した方が良いでしょう?


?自宅にパソコンがある場合は,ほぼ不要?
 ビジネスには多様性に欠けるし、
 自宅パソコンと携帯でほぼ事足りませんか?


(金額を計算!)

外出中の通信機器は必要でもある!としても、

通信機器の6,880円、他社で約3500円位のものも
(機能は若干異なる部分もありますが)

あるので、差引きした部分がパソコン代に入るとして

6,880円-3500円=3380円×12ヶ月×2年=81,120円

+9,880円⇒【91,000円】で購入
することになります!


通信機器はさほど必要なければ、

【175,000円】です!
⇒そこそこ性能の良いパソコンが買えます!

安そうで【高い!!】と思ったのは

私だけでしょうか???

(しかし、商売上手いですね・・・)

本当に必要なものは何ですか?

ノートパソコン?携帯?

そして、外出中も【本当に】必要ですか?

使用頻度は?どういう事で?


しっかり考えてから購入しましょう!

ちなみに、私は何も買わず帰りました!
(情報だけタダでいただきました!(笑))




| ムダの着眼・コスト削減 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【コストをかけるところ】はドコですか?

こんにちは、高倉です!

今日は、クライアント先のサプライズ結婚パーティーに

参加させていただいたお話です!

現場主義で、お仕事をしていく内クライアントの方に

外部ブレーンでありながら、

『仲間』として受け入れて頂くことも多く、

お祝いごとに呼ばれることがあります。

昨夜は、入籍ホヤホヤの従業員に

サプライズパーティー

(入籍したものの結婚式などは決まってなく、
また従業員である新郎だけが
何も知らされていませんでした)

経営者の方が本人以外の従業員と企画して

当日バタバタとしながらも

大成功!をおさめ、

私も幸せのおすそ分けを頂きました。

二人にも、二人のご両親にも

忘れられないパーティーになったようです。


様々なコスト削減、人員削減・・・

この不況の中、経営者は

頭を悩ませています。

ですが、こうして

従業員1人の幸せを祝うために

時間もお金も人もかけて、

「楽しませよう!」「喜ばせよう!」

という発想はなんて素敵なことだ!

と思いました。

従業員も団結して

準備をし、一緒になって楽しむ・・・。

そして、その会社の経営はサービス業!

お客様への

もてなし方、楽しませ方、喜ばせ方

肌で、心で感じたのではないでしょうか?

細かな段取りは不足していても

小さな【ムダ】はたくさんあったとしても

主役の二人と参加した全員の笑顔は

大成功!を意味していました。

従業員を心から愛している社長を

参加者全員が感じたのは言うまでもありません。

「会社は(私は)従業員に支えられています」

「あなた達に守られています」


と、その社長は言いました。

少人数で頑張るその会社にとっては

従業員は『財産』のようです。

あなたが大切にしていること!

コストをかけるべきところはドコですか?

| ムダの着眼・コスト削減 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【原因】と【結果】

こんにちは、高倉です!

最近このブログにも少し慣れてきました。

こう言う事も【習慣化】なんだな?と実感しています。

さて、本日は【原因】と【結果】というお話です。

先日、こんなメールを頂きました。

「最近、仕事のミスが続き、上司や先輩・・・

そしてお客さまにまで迷惑をかけてしまい。

“再発防止の対応策”を考えないと・・・

と気にしていますが、それもなかなか進まないんです・・・」

ミスが続いて少し後ろ向きになっていたようです。

ですが、「大丈夫!」

ミスをしてしまった【結果】には

必ず【原因】があります。

対応策を考えることは重要ですが、

まず、先にすべき事はその【原因】を探ること!

それが、分かればこのミスは

大きな飛躍のステップに変わります!

◆ミスをした内容を全て書き出す
◆しそうになったことも書き出す
◆その時何をしていたか?
◆その時何を思っていたか?
◆その時どんな行動をしていたか?

・・・わかり得る限りの情報を

全て書き出します。

そうしていく内に【対策】は

自然に見えるはずです。

その【原因】が分かった時点で、

対策も見えてくるはず!


その時に書き出した資料を元に

社内でミーティングをするのも良いでしょう!

よりよい対応策を考えると共に、

情報を共有することにもなるからです。

ミスをしない完璧な人間はいません。

【反省】も大切ですが、

それだけではミスは無くなりません。

してしまった事を受け止めて【改善】することで、

同じミスは確実に減っていくものと思います。

| 改善の提案 | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【付箋の活用法】

こんにちは、高倉です!

今日も寒いですね。

体調管理はしていたつもりですが、

失敗・・・

少し風邪気味です。

現在、市販の風邪薬で自己治癒法を行っています
(早い話が、病院に行くほどではないと言う事(笑))

皆さんは大丈夫ですか?

さて、今日は【付箋の活用】についてです。

付箋って便利なんですよ!私にとっってはスゴく有難いアイテムです。

私は、仕事上もプライベートも必要な情報のメモは
大抵【付箋】を活用しています。

付箋は、その【重要度】【緊急度】【情報】

内容に応じて色分けし、メモします。

次に仕事内容の付箋などは、

使用するパソコンにその付箋を貼りつけます。

それは、

仕事上で【毎朝、目にするところ】だからです。⇒ココが重要です。

そして、その仕事が終わったら、

付箋ははずされ、パソコンに付いてる

『付箋の量で急ぎの仕事が分かる』ようにしています。

(パソコンを起動しなくても、『すぐに分かる』のがイイんです!)

【重要】な仕事や【情報】は、

その内容によって手帳の裏表紙に貼っていたり、

取りよせた資料に貼り付けたりしています。
(資料にそのまま貼るとラベル代わりにもなります)
あとで分類しやすいです。

手帳の裏表紙に貼っている場合は、

『いつも気にすべきこと』にあたる場合です。

(内容が長期間に渡る案件や、

購入したい本のキーワードなど)


付箋は、はがれやすいから・・・。

との懸念材料もありますが、

『強粘着』のものがあるんですよ!

私はコレを使用しています。

また、のりの粘着効果が薄れるほど

貼り付けたままの仕事は

『急ぎではない』という事です。

ちなみに、今私のパソコンに貼られている

付箋の内容は

『ホームページ内容作成』です

急ぎ!と言うことですね(笑)

| 改善の事例 | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【確認の効率化】

こんにちは、高倉です!

昨日暖かくて、汗までかいていましたが、

今日は風も冷たく寒い一日でしたね。

体調管理、皆さんも気をつけてくださいねっ。

さてさて、今日は【確認の効率化】です。

私は、様々な企業の記帳代行も行うことがありますが

書類を郵送で受け取るアウトソーシングも何社かあります。

そして、その記帳代行にかかる必要書類の

そのお客様用のチェックリストの原本を

先方に渡しておき、先方にてチェックして用意し

郵送資料の表紙にしていただくようにしています。

以前は、用意して欲しい書類を事前にリストアップして

お渡ししていましたが、それだけだとやはりモレるのです。

していることは一見同じに見えますが、


事前に汎用的(様々な企業で使いまわしが出来るような)

なリストを渡しているだけでは、

「???銀行の普通預金の
?????の通帳コピーがありません」


であったり、

「???銀行の???万円の
借入れ明細のコピーが足りません」


と、いうことが起きます。

より、お客さまの必要書類を細分化したチェックリストを作成し

【毎月、この資料を準備し、このリストを表紙にして

15日までにオフィスキスクへ送ってください】


というコメントまでチェックリストへ明記しています。


より細かく、相手にチェックし分類することで

毎月同じ作業をすることになり、いつのまにか覚え、

モレも減っていきます。

確認作業がダブルチェックできることにもなりますので

有効的ですし、

なぜかリストの上から順番に用意してくれるので

このリストを入力作業順や、

絶対に必要な資料の優先順位

で作成すれば、入力作業の効率もUP!


確認は、【してもらう仕組み】をつくり、

更にチェックすると良いよ思いますよ!

| 改善の提案 | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【効率化】と【思いやり】

こんにちは、高倉です!

2月に入って寒さが厳しくなると思っていたら、

なんだか肩すかしの暖冬ですねっ

逆に体調管理に気をつけないと!

さて、今日は先日乗ったタクシーの運転手さんの

「おっ」っと思った行動について…


タクシーに乗って、

1万円札しか持っていない時に

運転手さんに嫌味言われる事って無いですか?


その日の私も1万円札しか持ち合わせていなくて、

乗ってすぐに運転手さんに言った所、

その運転手さんは了解し、

途中の信号で止まった際に、

なんと!「両替致します」と言って、

千円札を数えだしたのです。

そこで両替を済ませた私は降りる際に、

お釣りの受取で時間がかかる事もなく、

素早く降車できました。

    

この運転手さんの行動は、

客をスムーズに降車させるもので、

運転手側にも客側にも効率の良い

思いやりのある行動
だと思いました。

【効率化】 【改善】は、

お客様や会社、共に働く人への思いやりから

生まれることもあるんじゃないでしょうか?

| ちょっとイイ話 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【リスクマネジメント】は『気付く』ことが重要!

こんにちは、高倉です!

先日、提携している税理士さんの

セミナーリハーサルに参加してきました!

内容は、【税制改正について】

【リスクマネジメント】についてです。

某生命保険会社からの依頼のセミナーらしいのですが、

内容はビックリするくらい濃いものでした。

モチロン税制改正の話は重要ですが、

私が気になるのは【リスクマネジメント】!!

様々な事例のお話が出ていました。

企業でのサイフを握る人
(経理を行う人)→※資金繰りまで行う人です。
と経営者の信頼関係と裏側にあるリスク!


経費節約のみを一方向から見て安物買いを
することのリスク!


・・・・・。

コスト削減!!をお話してる私ですが、

やはりバランスが大事だな。と痛感しました。

なにより『事例』を聞くと、さらに怖さも増しました。(勉強勉強・・・)

物事は、プラスがあればマイナスの要素も

あると思います。

十分に両方を理解した上で判断していく事が

大切だという事ですねっ。

リスクに『気付く』ことが重要!

次にそのリスクを回避するための『行動』を

とれるかどうかが、『分岐点!』


起きてしまったリスクに対応するのが『危機管理』

リスクマネジメントは

【気づき】→【事前対策】→【事後対策】

なんだそうですよ!

目先の利益だけを考えてリスクを買うようなことに

なっていませんか?







| ムダの着眼・コスト削減 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【EXCEL】活用編

こんにちは、高倉です!

先日、EXCELの重要さをお伝えしましたが、
今回は実際の効率化の事例をご紹介します。

ビジネス用のパソコンには
ほぼこのマイクロソフト社の
officeシリーズがインストール
されています。

『特別なソフトを買うことなく』
『表作成・集計・顧客管理が出来』
『簡単なシステムまで作れてしまう』


・・・という便利さを利用して、
こんな、効率化を実現しました。

(モチロン、入力ボリュームやデータ一元化の際は、
専用のソフト導入や“ACCESS”などシステム化に
特化したものをオススメしますが・・・)

例えば・・・

(ケース1)

美容室経営者Aさん:

給与計算は複雑で、
市販のソフトに入力する前の計算が手計算・・・

しかも、その月の売上⇒40万までは○%、80万までは○%
といったように支給する割合も金額によって様々・・・
毎月、10名程度の計算に延べ1日かかりで計算しています。


こんな悩みは、一気に解決です!

EXCELの表計算機能を組み合わせて
自動的に計算させれば・・・

なんと1時間で

給与ソフトへの入力まで済ませて印刷まで完了!!
(1日8時間として計算すると7時間の省略)

(ケース2)
教室経営者Bさん:


大きなイベントの際に発行する領収書が
200枚?300枚発生します。

金額や内容も人によって様々なので、
パソコンに一覧表はあるのですが、
今まで手書きで1日?2日かけて作成してきました。

これもEXCELで簡単なシステム環境を作れば

印刷のみで、30分程度で完成!

事務を効率化していく上で

【EXCEL】は、大きな貢献をしてくれる

ソフトだと思います。

同じようなことありませんか?

| EXCEL活用術 | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【EXCEL】のスキルは重要です!

こんにちは、高倉です!

昨日は節分でしたが、皆さんは縁起をかついで
恵方巻きを食べたり、豆まきをしたりしましたか?

さて、今回は事務担当者に必要なスキル【EXCEL】
についてです。

私が今まで経理業務を行ってきた中で、

実務面で一番役に立っているのは

EXCELのスキルです。

合理的、効率的な事務業務を行うなら
EXCELのスキルは重要です。


なぜなら・・・

様々な企業へお仕事で伺い、様々な事務担当者と

合理化、効率化をススメてきましたが

EXCELを使えるか使えないかで能力的にも

意識的にも違いがあったからです。


(その1)
EXCELが使える人は、
多くの場合

その利便性を察し、様々な資料をデータ化しようとします。

対して、EXCELが使えない人は、多くの場合

紙ベースでのファイル化で終わります。

(その2)
EXCELが使える人は、多くの場合

簡単に計算してくれるソフトを
もっと活用して“楽”出来ないか?
を考えます。

これは、自動的に計算したり、
ボタン一つでグラフ化してくれる
EXCELに慣れているせいでもありますが、

この『楽』をしたい!という意識は

合理化・効率化・時間コストの削減には非常に重要なのです!


EXCELが使えない人は、
ファイリングした書類を
“探す時間”が増えます。

データ化していれば、パソコン上ですぐに
検索できます。

EXCELが使えない人は、一定のフォームに記入した
数値など、変更があるたびに、計算しなおします。

データ化していれば、変更箇所だけ修正すれば、
自動で計算してくれます。

EXCELとは、単純には表計算ソフトですが、
データの管理や簡便的なデータのシステム化にも
長けています。

今後、事例も含めまたその利用法などを

お伝えしていきますが、

もし、今事務員の求人をされるなら是非、

簿記のスキルよりも

【EXCELが使える方】を重要視することを
オススメします!(資格は不要 使えるか、使えないか?です)


なお、下記は私の独立当初からのパートナー的存在の
EXCEL解説本です!(参考までに!)
(実践向きで、分かりやすく
お会いした経理担当者にオススメしている書籍です)
           

   EXCEL本

※上記は、EXCEL2000?2003対応です。
中でもオススメは、2000?2003対応の 『【関数】技』なんですが・・・・

※EXCEL2007対応はコチラ ↓
Excel 2007 作表・編集に役立つ【厳選】技 (かんたん「通勤快読」)Excel 2007 作表・編集に役立つ【厳選】技 (かんたん「通勤快読」)
(2008/04/23)
「通勤快読」 特別編集チーム

商品詳細を見る

| 人材・採用・教育 | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【保険の見直し】後編

こんにちは、高倉です!

さて、今回は前回の続きです。(※夫の解説の続きからです)

■続いて死亡保険です。

お子様が4人おられて、

まだ皆さん小さいですが、

死亡保障は3,000万円程度あれば十分です。

純粋に3,000万円の

死亡保障を購入すればよいわけですから、

掛け捨て型の定期保険に加入しましょう。

たとえば、当初保険期間10年で、

死亡保障額3,000万円の

定期保険に入るとしましょう。

10年経てば、お子様はみな

10歳分大きくなっているわけですから、

その時点でご主人に万が一のことがあっても、

お子さんが独立するまでに

必要な費用の合計は、

今よりもずっと少なくて済みますよね。

ということは、次の保険期間10年では、

【死亡保障額を減額して更新すればよい】わけです。

それに、今から10年経てば、

貯蓄も積み上がっているでしょうから、

それらは(ご主人に万が一のことがあれば)

すべて残せるわけです。

!!! まだあります。

実はご主人に万が一のことがあった場合、

国からも「生命保険」が支給されるのです。

それが「遺族年金」です。

ご主人の場合、

厚生年金に加入されていますから、

残されたご家族には遺族基礎年金と

遺族厚生年金が支給されます。

死亡保険に関しても、

さまざまな特約は気にされず、

シンプルに必要な保障を買うのだ

という意識を持ってください。

ご提案)

【医療保険】
      
ご主人 入院給付金 (日)10,000円の、
掛け捨ての終身型医療保険に加入する。
保険料(月)6,000円程度に抑えることが可能です。
(ただし、保険料は終身払い)

奥様 ご主人と同じ医療保険に加入すれば、
保険料(月)4,500円程度に抑えることが可能です。
(ただし、保険料は終身払い)

※参照医療保険 アフラック EVER(エヴァー)
http://www.aflac.co.jp/iryo/ever/ 

【死亡保険】
      
ご主人 死亡保障額3,000万円の
定期保険(保険期間10年)に加入する。
保険料(月)15,000円程度に抑えることが可能です。

※参照定期保険 オリックス生命 ファインセーブ
http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/fs/index.htm 

※ ご注意
保険の見直しをされる際には必ず、
新しい保険に加入できたのを確認してから、
今加入している保険の解約手続きをする

ようにしてください。


上記保険の見直しを行えば、
【まとめ】
    
現在払っておられる保険料

(月)44,000円を、
(月)25,500円にカット


することが可能です。

その差(月)18,500円、年間で222,000円の違い
となります。

大切なことは、

保険の見直しで削減できたお金を、
【貯蓄】に回すということ。


具体的には、

銀行で扱っている積立て定期をお勧めします。

毎月決まった日に、

普通預金の口座から自動的に引き落とされますので、

知らず知らずのうちにお金が貯まっていきます。

  自由に出し入れ出来る現金を積み立てること!
  子供の習い事や学校の教育費!
  家族の旅行など・・・

(以上、夫の解説でした!)


ようするに、

【何に】【どのくらい】お金が必要か?
を見直すことだと思います!

家計費も会社の経費も考え方は同じです。

【何に】【どのくらい】【今必要か?】

考えて経費を見直しましょう!

| 改善の事例 | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【保険の見直し】前編

こんにちは、高倉です!

最近、経費の見直しの中で「保険」の見直しについて

聞かれることがあります。

それも、会社というよりも

個人の【生命保険】です。

実は、保険の事はあまり詳しくないのですが、

たまたま夫がファイナンシャルプランナーですので、

夫に聞いてみました(こういう時、便利ですね)

相談者を仮にMさん(48歳)とします。

Mさんは会社経営者。

某大手生命保険会社の保険商品に長年加入しています。

【Mさんの保険状況】
       
■医療保険  
保障内容: 入院給付金 (日)10,000円
 (その他、特約多数あり)
保険料: (月)約14,000円  
    
■死亡保険
保障内容: 定期付終身保険  
      死亡保障額 5,000万円(うち終身部分1,000万円)
      (入院保障特約夫婦型、その他特約複数あり)
保険料: (月)約30,000円  

・奥さん(38歳)は専業主婦
・お子さんは4人(保育園児?小学生)
・Mさんは会社で社会保険に加入し、退職金の積立も行っている。


以下、夫からの回答です。
   

まずは、保険という商品を「シンプル」に捉えましょう!

保険とは、万が一に備えて、

死亡保障や入院保障を購入する商品です。

イメージでいいますと、保険とは、

毎月保険料という「コスト」を支払って、

「必要な保障」(1,000万円の死亡保障とか、

日額 5,000円の入院保障)を

毎月買っていく商品なのです。

すなわち、【保険 = 掛け捨て】なのですね。

従いまして、保険で貯蓄をするとか、

積立てをするというのは、

そもそも

ニーズ」と「利用する道具」が合っていない
ことになります。

Mさんの場合、

医療保険では「無事故のお祝い金」のしくみがあったり、

死亡保険では終身保険部分で、

保険料の一部を積立てていたりしますね。

実は、これらは単に、

保険会社に「多めの保険料」を払っている
だけなのです。

・貯蓄 ⇒ 預貯金で行う。
・保障 ⇒ 保険会社で購入する。

という、貯蓄と保障の「棲み分け」をしっかり行えば、
保険会社にムダなコストを支払う必要がなくなります。

■まずは医療保険の見直しから見ていきましょう。
   
Mさんは、

日額10,000円の入院保障を得るために、

毎月14,000円も支払っておられます。

さまざまな特約は気にされずに、

シンプルに、

入院保障(日額10,000円の入院給付金)
を買う= 掛け捨ての終身型医療保険

に加入することを考えましょう。

よく見てみますと、

死亡保険のところでも、

入院保障を買っていますね。
(ニーズがだぶってしまっています)

それに「夫婦型」の
入院保障特約と書いてあります。

これだとご主人に万一のことがあった場合、

奥様の入院保障がストップしてしまいます。

奥様は奥様で、単独で、
掛け捨ての終身型医療保険に加入
されることをお勧めします。
    ・
    ・        
    ・

・・・と、結構このお話は長くなりますので

続きは、次回「保険の見直し」?後編?

にて!!

| 改善の事例 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |