PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【段取り】をシッカリして、効率よく仕事をしましょう!

こんにちは、高倉です!

本日より11月です。

年末まであと2ヶ月となりました。

この時期、年末に向けて様々な事務作業が増えます。

毎月のルーチンワークに加えて

1.カレンダーの発注
2.お歳暮の発注
3.年賀状の作成
4.年末調整の準備&計算
・・・など。


毎月の業務に加えて必要な上記のような業務・・・

「忘れてた?」なんてことがあってはいけません。

私はこの時期、11月12月の【追加業務リスト】

作成することをオススメします。

?必要業務を箇条書きにします。
?業務の開始時期と締め切りを記入します。
?業務実行に必要な事項を書き加えます。
?業務締め切り直前チェック日を決めます。
?業務を実行すれば《チェックマーク》を付し、
 業務が完了すれば《済》マークを付します。


これで、業務のモレや締め切りに問題ありませn。

また、業務に必要な前準備に時間をかけ、

業務自体に時間がかからないようにしましょう!

1.のカレンダーの発注なら 
 ●昨年の発注部数の確認
 ●発注業者
 ●競合他社の場合のコスト比較
 ●コスト削減の提案

2.お歳暮の発注なら 
 ●送り先確認
 ●品物指示確認
 ●予算確認
 ●ネット発注(パソコンネット発注で効率良く!)

3.年賀状の作成
 ●送り先確認(住所変更、新規入力などの確認もする)
 ●必要枚数確認
 ●インターネットでの発注(←数が多いほどコチラをすすめます)
  ※手書きでの【意味】を感じ、送られる場合を除きます。
 ●住所欄のみ自社印刷(白黒印刷でムラもほとんど無いため)

4.年末調整の準備、計算
 ●昨年の年末調整資料を確認
 ●従業員名簿とチェックリストを作成する
  (どの資料が提出済、未提出かを確認できる)
 ●従業員への資料提出物及び記入事項、
  提出期限の《お知らせ》を作成する。
 ●提出期限の2週間以上前には《お知らせ》と
  配布資料を配る。
 ●中途入社で前職がある場合は、
  前職分の《源泉徴収票》が必要になります。
  入社時にもらうことが通常ですが、提出もれもあります。
  事前に中途入社の方をリストアップし、早いうちに
  《源泉徴収票》の提出を促しましょう!

上記の段取りが出来たなら、後は【作業】が残るだけです

効率良く、仕事を進めるための前準備【段取り】を行いましょう!

【補足】年末調整時のチェックポイント!

 その1)記入された住所の確認
 その2)記入された扶養家族の確認
 その3)国民健康保険、国民年金の支払いがあった人は
     21年1月1日?21年12月31日に《実際に支払った》
     金額のわかるものを提出してもらう。
 その4)中途入社者は、前職の《源泉徴収票》の確認
 その5)21年中に新規で住宅を購入し、住宅ローンを組んだ方は
     《確定申告》が必要ですので、年末調整は不要です。
 その6)他に仕事をし、収入がある場合《確定申告》が必要ですので
     年末調整は不要です。
 その7)母子家庭か否か?(この場合扶養家族の記入を確認)

税務署より送られてきた【年末調整のしおり】と

この7つのチェックポイントを確認し、

資料整備と計算を行い、年末調整をスムーズに進めましょう!

| 改善の事例 | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/112-e1275997

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT