PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仕事内容で言葉の意味合いは変わる!

こんにちは、高倉です!

あれれ・・・最近、ブログの更新頻度が

下がってきてる???

はい。facebook内での交流が活発化し

ブログを放置気味でした(反省;)

高倉のfacebookページへ

近頃、WEB上の相談を良く受けるようになりました

ですがまだまだ勉強不足なんです。。。

そこで、そんな私の弱みを全て補ってくれる

パートナーに出会いました!!

起業支援を手がけている会社の方(女性)

WEB戦略コンサル?HP制作、

セミナー開催などを手がけています。


特に私の苦手なWEB関連
(売上戦略的なHP作成とその戦略的運用を
してくださいます)

最近、数社をコラボしていて

先日ほんの少しのすれ違いが発生・・・

それは、

「サポート」と言う言葉

意味の取り違いでした。

私から彼女に

「私のサポートとして、

●●会社のWEB関連は

お願いします」


彼女は快諾・・・

しかし、WEBの動きが見えず


彼女に確認すると

「サポートって、不備がないように

チェックしたりする程度ですよね?」



・・・。

原因は、こうです。

彼女は営業畑出身

私は事務畑


私の場合、

主体になる人のサポートとは

最終の内容まとめやチェックをする前段階の

段取りやたたき、下準備を全て先に

サポートが行う・・・
と言う意味でした。

彼女曰く

営業出身の方の感覚では、

サポートといえば、

主体となる営業の方に付いて行き、

不備がないよう、資料を持参したり

チェックしたりする程度のこと


だったようです。

彼女と、話していて

「なーーんだ!職種が違うと
こうも感覚が変わるんだな?っ」


大笑い!!

私の伝え方、言葉の選び方にも

問題はありました。

「人に伝えること」の難しさを

感じたことでもあります。

また池上彰さんの『伝える力』

伝える力 (PHPビジネス新書)伝える力 (PHPビジネス新書)
(2007/04/19)
池上 彰

商品詳細を見る


読もう!っと♪

| 改善の提案 | 02:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/262-6f8f1256

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT