PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

手書き削減-その2【給与計算】

こんにちは、高倉です!

今日、3月3日はひな祭り・・・

女の子のお子さんが居らっしゃる家庭では

ちらし寿司やひなあられ、甘酒が振舞われた

のでしょうか?

さて、今日は手書き削減の第2弾!

【給与計算の手書きを無くそう!】です。

給与計算・・・手書きでも出来ないことはありません
特に、社員ばかりの会社で、給与の額にほぼ
毎月変更がないところは、それでも充分計算できます。

ですが、
最近は正社員雇用が減り、時給者や
歩合給の計算など雇用形態の複雑化から
給与計算も複雑になりつつあります。

そういう会社には、

?給与ソフトで!

?エクセル表で!

?タイムカードの機械で!


手書きでの計算ミスをなくし、
時間コストを削減することをオススメします!

●従業員が10名未満の会社の場合

手書き計算でも充分かも知れません。
ですが、業種によっては特殊な計算を
要することもあります!

こんな時は是非?エクセル表を活用しましょう!

給与体系を予め設定し、複雑な内容も事前計算
出来る簡便なシステムが作れます。

次に、?給与ソフトで計算しましょう!

所得税計算、雇用保険料、社会保険料の計算は
計算元の一覧表はあるものの
社会保険などは控除するタイミングや
表の見方が特に分かりにくいです。


●従業員10名以上

?のタイムカードをエクセルにてデータ化できるもの

をオススメします

次に?の給与ソフト計算です。


・・・・・

【結論】

どちらにしても、給与計算ソフトだけでは、
多様化した雇用形態の内容に使えきれない箇所も
あるため、事前にエクセル計算にて
割り出すことがあります。
(美容室のインセンティブや、営業職の歩合給など)

また、タイムカード計算も複雑で、

・打刻モレ
・○分 切り捨て計算
・シフト制の休みの場合の休日出勤確認


など、

上記のようなケースであれば
パソコンにデータを吸い上げできる
機械の方が、有効です。


※実際に事務員が一人のところで、
タイムカードの手計算とこの吸い上げたデータ集計で
ダブルチェックを行いミスのないようにしてる
会社さんもいらっしゃいます。

例えばNIPPOのカルコロUSBなど・・・(他社も同様の商品があります)
   
nippo
【※他のサイトでも安く販売しています(一部ご紹介)】
デイジーオンライン

Yahoo!

手書きの集計で時間を多く費やしていませんか?

給与計算をしてる人の時給はいくらですか?

経営者なら、なおのこと・・・。

時間コストと、正確さ、データ化することでの汎用性

を考えて、手書きを失くすことをオススメします。



あっ!
それから先日その1の【ゴム印】作成で
ドットプリンターのお話をしましたが、
その後ドットプリンターを調べたところ
エプソンのサイトでは、50,000円台?100,000円位で
販売しておりました。(他社もあると思いますが)
使用頻度が多い業種には【安い】買い物かも知れません。

| 改善の方法・実践 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/33-739d812f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT