PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【参加者の方から学ぶこと】

こんにちは、「見える化」で効率をUPする

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)

昨日は、自主開催セミナー

雨も大降りにはならず、

なんとか持ちこたえてくれました!

祈りが届いたか?(笑)

セミナー


セミナー2

さて、

今回更にまた「気付き」と「改善」

見えたことをシェアさせていただきますね。


セミナー開催を重ねていて思うこと

それは、

こちらは講師としてお話するのですが

アンケートやその後のフィードバックを

参加者の方から頂き、

【改善】が出来、更に

喜ばれるセミナーになっていく!

ということです。

何より参加者(お客様)の声!が

大事です。


今回、こんなフィードバックを頂きました。

******************

レジュメは何故片面カラーなんですか?

******************


これは、まず

1.幣所のカラープリンタが
 両面に対応していなかった・・・

2.「色分け」の話やイメージを伝えるのに
 カラーである必要があった


という2つの理由があったのですが・・・

まさに

「効率化」「コスト削減」を提案する

幣所としては、よろしくないですね。


プリンタの両面対応の購入を

考えます!!(^.^)



ご提案ありがとうございました!

※最近は後日データ渡しをしているセミナーも
ありますが、私は参加者の方の
印刷の手間とコストがかからないように
したいと思っております。



******************

ワークの机の配置図が違いますが・・・

******************



ワークショップをセミナーの半ばで

行うため、机の移動を参加者の方にも

ご協力いただいて行う際に

伝えやすいように

スライドに事前作成したのですが、

当日は、機器の置き場所もあり

机の配置が少し変わったのが原因

次回以降は、その時にホワイトボードに

記入しようと思います(^.^)


******************

図解とピクト図解の違いを明確に!

******************


セミナーの中で、

図解の話も少し出てくるのですが

私は広く「図」や「絵」と言ってる部分もあり

この点が曖昧になってたようです。

次回以降は、

それぞれの効果とその言葉を正しく

伝えるようにしたいと思います(^.^)


 ↓↓ (開催の様子はこちらをクリック下さい)

■詳しい開催の様子


★参加者の皆様の声(順不同)

「あっと言う間に終わってしまいました!
手書き+パワポで社内プレゼンの資料作り
したいと思います!
実例が多くてよかったです。」

(40代女性 匿名希望)


なんとなくワープロ文字は
伝わりにくい。頭に残りにくいと
感じていました。
パワポに手書きを取り入れます」

(社会保険労務士 小西道代様)

「実際のスライドが手書きが入ったスタイル
だったのでイメージがわきました。
まずは50%手書きのスタイルを
講座資料へ取り入れます」

(㈱ビーコネクト 苅谷浩司様)

「手書きや図解を活用したプレゼンを
したい!と思っていました。
やはり手書きには力がある!と感じました
今ある活字だけのプレゼン資料に
手書きを入れてみます。」

(㈱クリストフ 佐野芳己様)

「とても楽しかったです!
ポイントがすごくしっかりまとめ
られていて、納得しました。
プレゼンに手書きを入れていこうと
思います!」

(30代女性 匿名希望)

「ワークもあって楽しかった。
とても実践的なのがよかったです。
プレゼンに取り込んでみたいです」

(40代女性 匿名希望)

「既存のパンフレットをもう一度
見直してみます!!」

(ONLY HUMAN 浅利和美様)

「手書きを「簡単に」という点で
参加しました。お客様への提案に
ついて、より分かりやすい
資料作成をしたいと思いました」

(30代男性 匿名希望)

「パワポ作成の際、手書きを
取り入れた時に『背景を透明にする』
というのを即実行してみたい」

(図解改善士 多部田憲彦様)

他にもたくさんのご意見を
頂きました!

皆様、ありがとうございました!

| 改善の提案 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/366-e4edc8e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT