PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本で学ぶより「実践」がより身につく

こんにちは。

事務改善アドバイザー高倉 己淑です(^.^)

東京・・・蒸し暑いです。。

体がムズムズ・・・

あせもの季節キターー!!!(゚Д゚;)

薬局に走る日々です・・・


備えあれば憂いなし・・・


3つほど塗り薬を買いだめしておくのが

毎年、夏を乗り切るための知恵です(笑)


日々の生活習慣もそうですが、

私は、「習うより慣れろ!」派で

まず『行動』なんです。

もちろん、失敗もしますよ(笑)


ExcelやWordだって

25歳の時に始めたばかりでした。


今や、

「事務員はExcelがデキる人を雇おう!」

なんて言っていますが、


当時の私はヒドイものでした。


どうやって覚えたか?

それは、

仕事に必要に迫られて・・・

または、敢えて手書きをせずに

全てパソコンで資料を作成する!!

と決めて、とにかく

聞く!

教えてもらう!

慣れる!!

覚える!!

を繰り返していました。


一番の転機は28歳頃・・・

会計事務所の繁忙期の

3月初旬、

当時勤めていた会計事務所の所長から

「高倉、お前来週から

パソコン教室の先生しろ!」Σ(゚Д゚)




と言われたことがキッカケでした。


いやいやいや・・・(;゚Д゚)


それは無いでしょ???


しかし、所長は本気でした。

とにかく、確定申告作成補助の

ノルマ分を前倒しで終わらせ、

基礎のマニュアル本を購入

前日に徹夜でテキストを作り

なんと1ヶ月コースの

初級講座を務めあげました・・・。


「必要に駆られること」

よりその知識は深まると

実感した1ヶ月でした。


その後さらにノウハウを高め、


今に至りますが、

この時のことは今でも忘れないですね



だからこそ、

よく事務職の方にExcelを教える際に言います!!


「まず作りたいもの」を決め

「それをExcelでラクにするには?」

で関数を探し、

本を見ながら作成する!!



これを繰り返すことで

どんどん勝手に

Excelの知識は深まります。


この種のマニュアル本は

始めから終わりまで

読んでから行動するのではなく


必要な部分を探して、「やってみる!」


でいいんです(^.^)

★いまだに活用しているExcel本はコチラ

 ↓ ↓
Excel ビジネス関数&数式パターン (かんたん「通勤快読」) [単行本(ソフトカバー)]
Excel本

| EXCEL活用術 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/441-42adfa06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT