PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

定型フォームも【目線】と【動作】を意識する

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です!(^.^)

まだまだ日中暑いですが、

秋めいてきた気配を感じる今日この頃・・・

空を見上げると様変わりし始めた雲の形

夜になると流れてくる涼やかな風・・・

秋が来ると冬・・・


あっという間に年末!!Σ(゚Д゚)


気持ちもソワソワ・・・

ちょっと焦り始めてきてませんか?


さて、


最近、「業務改善」談議をしてる中で


「だよねーー」と共感した内容を

1つご紹介!!(^.^)



****************

【目線】と【動作】に合わせる

****************


準備する資料、

箇条書きの要件

そんなフォームを作成する時

よく「」(チェックマーク)が入るように

資料名などの前に「□」のボックスを付しています。


この「□」は、

常に資料名の“前”である必要があるのか?

というお話しです。

結論から申し上げますと、

そのチェック!という動作を必要としたときは


必ずしも、“前”ではない!


ということなんです。



例えば

「この要件に該当する人・・・」

的な場合は、

前でいいように思います。

なぜなら」が

「●」や「■」などの箇条書きの

目的
で使われているからです。


ですが、例えば

「準備する」「確認する」という目的の場合、

前にチェックマークがあった場合

目線は、

①チェックマークを読み飛ばし
②資料名を読む
③資料名の先頭に戻り、チェックマーク


例)OFFICEキスクのセミナー準備で
使用するチェックリストです(^.^)

セミナーチェック1


という流れになります。


これは目線と動作でいくと
目


「一旦前へ戻る」という工程が

必要になります。

そうであれば、

下記のようなパターンでいいのではないか?

ということなんです。

セミナーチェック2


※但し、上記の場合は文末とチェックボックス「□」の
間に空白はあるため目線が揺れますので、
罫線を付けて、目線が上下に揺れない工夫をする必要があります。
(※更に改善します(^.^))



「目的」として

資料を確かめてから、チェックする!

のであれば、資料名の次にチェックマークが

来る方が流れ的に動作を誘導することに

なりませんか?

よりその目的にあった作成が必要なんだと

思うのですよね。


自分の【目線】【動作】

相手の【目線】【動作】
から

考えることも「改善」の一つです(^.^)/





★OFFICEキスクの事務効率化
業務案内と料金はこちら(初回60分1万円~ご相談承ります)
⇒ <業務案内>

★OFFICEキスクの
お申込み、お問い合わせ

こちら⇒<ご相談・お問い合わせ>




| 改善の事例 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/467-cd34ff4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT