PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【手を洗いたくなる石鹸】

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)

「あれっ?今日の東京、大雪って
言ってませんでした??」

とお思いの方も多いですよね?

ともあれ大雪でなくて何よりです。

交通麻痺、物流ストップ、

スーパーでの食材品薄の

先週末でしたしね。

少々の雪は風流ですけどね。


さて、今日は

人を動かす手法についての事例を

ご紹介!

**************

 WHOが支給した石鹸

**************


先日、「世界一受けたい授業」

いう番組の中で紹介されていた

『人の心を動かすコマーシャル
ピッカピカの広告術』

という内容がありました。

お話しされていたのは

イギリス「キャンペーン」誌で

特集されるなど

世界的広告クリエーターである

杉山 恒太郎 先生でした。

様々な面白い広告の数々

例えばこんな広告なども

紹介されていましたよ!(^.^)
掃除機
※すごい吸引力をイメージさせますよね
詳しくはこちら
http://adgang.jp/2012/11/21510.html


ですが、なかでも私が着目したのは。

南アフリカの貧民街で広がる

感染症を防ぐため、


手


WHOが取り組んだ

「Hope Soap」プロジェクト!!

**************

 手を「洗わせる」ではなく
 「洗いたくなる」方法

**************



普通に考えると、

「毎日手を洗いましょう!」

と言い続ける。

ポスターを貼りだす。など

よく小学校の手洗い場で見かける

ような光景を思い出します。

ところが、

それでは、子供達には習慣づける

ことはできなかったWHOは

子供達ににミニカー、

キティちゃんのフィギュアなど

おもちゃが埋め込まれている

特別な石けんを配布!


石鹸


中のおもちゃ欲しさに、

子どもたちは石けんを使い切ろうと

一生懸命に手を洗うようになる

という仕組みを作ったのです。

その結果、

貧民街で発祥する感染症は

70%も減少したというからスゴイ!
 ↓ ↓
http://adgang.jp/2013/08/37443.html

まさに「洗いたくなる」仕組みなんですね。


**************

 職場でも応用できるはず!

**************


イキナリ意見を求めても

従業員からは何も出ない!

「○○しよう!」

「売上目標○○円だ!」

と言っても響かない

「○○のルールを守りましょう」


と言っても続かない。

これらは全て「させる」意識だったのだ!と

私自身も反省すること多々あります。

先ほどのWHOの石鹸のように

「したくなる」ような仕組み

考えることが必要なのですね。


従業員からの意見が出やすい

アンケート用紙を作る。


簡単で使いたくなるような

定型フォームを作る。


掃除が楽しくなるような

道具を買う。


など、色んなアイデアが出てきます。

仕組みを作るというよりは

「楽しくできる」

「簡単にできる」の意識


にシフトした方が良さそうですね(^.^)




★OFFICEキスクの事務効率化
業務案内と料金はこちら(初回60分1万円~ご相談承ります)
⇒ <業務案内>

★OFFICEキスクの
お申込み、お問い合わせ

こちら⇒<ご相談・お問い合わせ>





| 改善の事例 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/507-529fcc06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT