PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一つの【型】を作って効率UP

こんにちは、

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です(^^)

東京ではもう初夏を感じさせるような

陽気が続いておりましたが、

今日は、過ごしやすかったですね。

そろそろ寝具も衣替えです(^^)

さて、

先日、折り紙による

立体的な観察眼に関して

お話ししましたが、

その際、私が行なっていた

もう一つの事例で、

事務効率化に共通する事が

ありましたのでご紹介いたします。

*************

同じ作業を何度も!は改善ポイント

*************


先日の「桜一輪」という

折り紙作品の応用でこんな作品を

作成。



この作品を作るには

こんな工程が発生します。

⑴一つの折り紙15cm×15cmの

端を2.5cm切り取る

⑵残った折り紙を6分割する

⑶⑵を30枚用意し、1枚につき
2つの花びらを作成

⑷⑶を組み立てる


さて、

ここで、問題発生!

⑴と⑵の工程では、

何度も同じように

「切る!」と言う作業が

発生する
のです。

*************

一つの【型】を作成する

*************


紙の薄さにもよりますが、

まとめて切る!と言うのは

効率良いですよね(^^)

しかし、今回は作品を作る際、

mm単位で紙の大きさが

ズレると組み立てが上手く

いかないのでは?

と思い、一枚ずつ正確に

切る事にしました。

ですが、

少しでも効率よく進めたい!

そこで私が行ったのは

こんな事!

①一枚に2.5cmの切り取り線を

書き込み




次に

②各紙を①の上に重ね、
上部と下部を交互に横幅を合わせ
ながら、切り取り線の印をつける。



こうして効率化!

ちなみに、作成過程も

一人オートメーション作業のように、

同じ工程を全ての紙に対して

行い、次へ!と繰り返しました。





今回は、一枚一枚を大切にする事から

効率化は最小限でしたが、

ビジネスの上では、

どうでしょう?!

紙一つ切るのに、誤差1mmまでの

幅があるならもっとラクになります。

下記のようなペーパーカッター

使うのも一つですね



例えば、封筒を何通も送る時、

一枚一枚のり付けをして

貼ってはいないですか?
(案外新入社員さんで
している方多いですよ)

5枚位をまとめて一旦折り目をつけ、

のりしろの折り部分の2分の1ずつ

スライドさせ、5枚を並べ

一度に糊をつけて

一枚ずつ貼っていく、、、


「当たり前だ!」と思いますか?

案外、当たり前だと思っている事って

伝えていなくて、

出来ていない人も多いのですよ。

事務の仕事はルーティンワークが

ほとんど。

だからこそ事務の効率化は、

一つの【型】を作る事

様々な場面で意識する事だけでも

効果が出るのです。


周りを見渡してみてくださいね(^^)





★OFFICEキスクの事務効率化
業務案内と料金はこちら(初回60分1万円~ご相談承ります)
⇒ <業務案内>

★OFFICEキスクの
お申込み、お問い合わせ

こちら⇒<ご相談・お問い合わせ>



| 改善の事例 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/536-8aeb97bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT