PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上質なサービスは忍者のよう。

こんにちは、

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です(^.^)

最近、喉の調子がおかしいな?!

イガイガするな?ってなっていませんか?

風邪の予兆ですよ。

かく言う私も、風邪をひいてしまいました。

今、私と同じような症状の風邪が

流行っているようです。

さて、

そんな風邪をひく前に、

夫の母親が東京に出てきた際、

一緒に「箱根」へ1泊することになり

とあるホテルに宿泊しました

和風リゾートホテルをテーマにした

「翠松園」というホテルです。
(※初めての親子旅行で奮発しました(笑))

そこのサービスはやはり、すごかった。

で、そのサービスの中には「効率化」も

たくさん散りばめられていたのです。

今日はそのうちの一つをご紹介

**************

部屋と廊下をつなぐ、魔法の扉

**************


通された部屋は、

1階が和室、2階にベットと露天風呂

というメゾネットタイプ。

部屋の飲み物は自由に飲めて、

お風呂はもちろん入り放題。

気になるのは、

飲み物を飲んだ後のグラスやカップ

お風呂を入ったあとのタオル類です。

まずは一式揃っていますが、

使っていくうちに、汚れ物が増えます。

そして、新しいものが欲しいですよね?

通常はどうするのでしょう。

フロントへ電話→必要なものを依頼

という流れでしょうか。

それが、

このホテルには魔法の扉がありました。

こちらです。
 ↓ ↓
扉-1

**************

いつの間にか新しいものが

**************


部屋の入り口の扉の横には

上下2段の棚扉があり、

開けると上記のような状態。

飲み物を飲んだ空のグラスやカップは上段
扉-3




タオル類は下段に入れます。
扉-2

そうして、入れたら、

入口横にあるボタンを押します。

すると、数分後には、

入れておいたものが

新しいのと取り替えられてこのBOXに

入っている。と言う仕組みです。

これで、何回もお風呂に入り、

タオルをたくさん使っても心配ないわけです。

**************

上質な「おもてなし」は忍者のよう

**************


効率化だけで考えると、

「扉の中に頼んだものを持ってきたり、

新しいものが入ったら、

ランプが点くとか、なんかお知らせ

がないのかな?」


なんて思うのですが、

そこで夫が言いました。

「このホテルは、宿泊客の

プライベート空間を損なわないように

徹底して配慮しているから

ランプを点けるとか、お知らせする

というような野暮なことはしない。

上質なサービスとは、


“すぐに”用意されていることが

当たり前
だからこそ、

お知らせする必要がないんだよ」

なるほど~。

高級ホテルに慣れていない私は

そういったことを理解していませんでした。

まるで、忍者のようですね(^.^)♪


上質なサービスとは

「効率化」を超えて先に動くこと

なんだなーと

1泊2日、そのホテルを堪能したのでした。


効率化と一つとっても、

その

・目的

・場面

・お客様の望むもの


によって違った方法になるのですね。


++++++++++++++++

お客さんのためになり
世のため人のためになる。
それがひいては自分のためになる。
そんなロマンとビジョンを持つことが大事

~二トリ社長 似鳥昭雄氏の言葉~


+++++++++++++++++



■複数の専門家のアドバイス・提案を受けたい企業様募集中!
※OFFICEキスクでは様々な職種の方と御社へ工場見学し、(少人数制)
その後、その商品や工場の業務改善などテーマを決めて
その場で客観的な意見、提案を行います。
↓ ↓ 詳しくはこちらをご覧ください
『出張提案会』



★OFFICEキスクの事務効率化
業務案内と料金はこちら(初回60分1万円~ご相談承ります)
⇒ <業務案内>

★OFFICEキスクの
お申込み、お問い合わせ

こちら⇒<ご相談・お問い合わせ>

| 改善の事例 | 09:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/546-79ec05b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT