PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボトルの『首』を見つける?!(゚Д゚)

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です!(^.^)

先週末は初めて仙台に行ってきました。

目的は、「TOC(制約理論)」という手法を

学ぶためです。

TOCとは、
キャッシュフローを生み出すことを目的に、
工程のボトルネックとなる工程に注目し
スループットを最大化するための考え方。


詳しくはコチラをご覧ください→制約理論(TOC)とは~コトバンクより~


事務においても広く経営における業務全般

においても業務を『改善する』と言う中でやはり

何に「着目(着眼)するのか」と言うのは

最初に整理しておき進めることが大切です。

その上で、単なる「効率化」ということだけでなく

「キャッシュフロー(儲け)」を生み出す

目的を忘れては経営は成り立ちません。

事務業務ばかりを見ていると

そういう全体の視野や狭くなることもあります。

ですので、

今回は視野を広げる意味においても

新たな学びが必要だったのです。

**************

ボトルネックを見つける!!

**************


そこで、

講座内容に抵触しない範囲で

カンタンにお伝えすると

『ボトルネック』を見つける!

ということです。

ボトルネックとは、

イメージで言うと、

ちょうどココのことを指します。

ボトルネック

意味は、

あるプロセスの時間や品質などの

管理指標を左右する工程。

その工程によって、前後左右の業務の

効率化、売上まで変わってしまうような

着眼ポイント、問題箇所

調整ポイントのことを言います。

まさしくこの『ボトルネック』を

見つけ出すことが

業務改善につながるのです!!

*************

体感し、実際業務に落とし込む

*************


今回の講座、9時間講習という

長丁場!

ですが、下記のような流れで行われます。
講座の流れ

最後には、実際に抱える問題が存在する

業務フローを書き出し、

そのボトルネックを見つけだし、

改善点をみんなで意見交換します。

他者のアドバイスが聞けるという内容も

大きなメリットです!

ゲーム版

上記のような道具をつかい行われる

シミュレーションは、

人生ゲーム~業務フロー版~と言った感じで

体感するので、時間はあっという間に過ぎます。

「やってみせて、言って聞かせて、
やらせてみて、
ほめてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、
任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず。」
~山本五十六氏の言葉より~


意識改革は大切ですが、

より理解が深まるのは

「行動」して体感した時ですね。

「現場」を重視しすぎて

視野が狭くなってしまわないように

するためにも、

そして、

よりお客様へ分かりやすく

お伝えするためにも、

今回の講座は今後の私の

事務改善の【視野】と【中身】を広げた

要因になりました(^.^)♪

この講座は全国で開催されているようですので

経営者の皆さまはじめ、

管理職、工業長など業務改善を始める

最初の一歩として一度参加してみると

より、改善ポイントを明確化し、

自社での「力」がつきますのでおススメです!
  ↓ ↓ ↓※詳しくはこちら
【TOC基本セミナー】~株式会社こきょう

※セミナー告知はブログで行っているようですよ
要チェックです!
http://shigeomorimoto.jp/


私自身も常に進化を続けています(^.^)


<余談>
では、なぜ高倉がそれをしないのか?
お客様が本当に喜んでくださる状況を
作ることが大切!
学びはするが、その研修自体はすでに
完成されているものを紹介する方が
より良い結果に結びつく!

OFFICEキスクの経営理念
~お客様の最高の笑顔を
生むキッカケでありたい~

というシンプルな理由です。

ですが、現場での
改善実行!
改善アイデア、
工夫、
進め方、
作り込み

実地研修
弊所は得意としているのです(^.^)♪

■ 事務効率化は、モノも情報も人もカネも「整理整頓」から!
仕組み化コンサルティング依頼
ご相談・お問い合わせはこちらから
※事務改善がビジネススタイルの1つにもなるのです!
 ↓ ↓
<ご相談・お問い合わせ>


■複数の専門家のアドバイス・提案を受けたい企業様募集中!
※OFFICEキスクでは様々な職種の方と御社へ工場見学し、(少人数制)
その後、その商品や工場の業務改善などテーマを決めて
その場で客観的な意見、提案を行います。
↓ ↓ 詳しくはこちらをご覧ください
『工場見学deイノベーション』



| 改善の提案 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/561-29affdea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT