PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

表示板は『目線』が大事!

こんにちは、

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)

東京に来て車を運転しなくなって

早4年、あんなに車ばかり乗っていたのに

レンタカーを借りて乗るのも怖くなって

きました。

方向音痴な私は、

ペーパードライバーから脱出した時、
(約11年前くらい)

まだ自家用車へのナビが高額で、

中古で譲って頂いたトヨタの「vits」に

ナビがなく、

「マップル」という地図の本で

翌日に行くルートを確認し、

ハンドル周りに番号を付けた

付箋を見ながら運転したものでした(^^ゞ

************

動きを誘導する標識たち

************


その際、

良く見ていたのは、

道の脇や交差点、

高速道路の途中で見かける

『道路標識』です。

標識-1

標識-3


標識-2


付箋には、

「○○町1丁目交差点を右」

とか

「○○通りを北へ」

というような書き方をしていたので

道路標識で、

どの角を曲がるのか?

今どの辺か?を確認していたのです。

このように、

居場所を記すもの

目的地の方向を示すものなど

動き、行動を誘導するような

標識(表示)は今や身の回りに

沢山あります。

例えば、会社、店舗などの扉に

付けられているような

「押す」「引く」表示
(最近では英語で「PUSH」「PULL」も書かれています)

押す

とか、

エレベーターなどで見かける

「開ける」「閉める」ボタンなどもあります。

開け閉め

<余談>
よく英語だけの表示をしている場合も
見受けますが、
瞬間的に分かりやすいのは日本であれば
やはり「日本語」、
先の「押す」画像のように、一緒に
英語表示しておくことで外国の方にも
分かりやすくなりますね。
カッコよさ、見た目ではなく行動を促すための
ものであるという【目的】を忘れないように
したいですね(^.^)


また、よく探す表示板と言えば、

『トイレ』こそ、よく探します。

百貨店に言った時、

初めての駅に降り立った時、

初めてのビルに入った時、

トイレに行きたくなったら、

この表示板を探します
トイレ1

トイレ2

先日、とあるビルに入った際、

トイレに行きたくなって探しました

************

えっ?女子トイレがない?

************


いえ、

女子トイレはあるのですが、

女子トイレの場所が1度で気づけないのです。

途中の廊下にはこんな表示が

廊下

※んーーこの表示も上すぎます。
もしここに貼るならこの光を反射しやすい表示じゃ
ない方がいいかと思います。


この案内板に従って角を曲がると

見えました・・・

男子

男子トイレ・・・・

えっ?女子トイレは??

写真の右側は「リフレッシュルーム(喫煙所)」

女子トイレは実は

ココにありました。

男子-2

うーん。これは分かりにくい!!

廊下から見て表示板は

男子トイレしか見えません。

写真を撮りもれましたが、

女子トイレの入り口横の壁に

赤い看板で女子トイレのマークが

ありました。(-_-)

***********

「目線」が大事!

***********


表示板の目的は、

目的地を

『分かりやすく伝えること』

見えない・・・は論外ですね。

私ならこのように表示します。

表示改善

曲がった先に表示してあっても

意味がない。

トイレのある場所を確認する為の

表示であるということは

人がどのような目線で見るか?

ということがとっても重要です。

※ちなみに手前の自販機をどけても、
壁が見えるだけで
女子トイレの表示は奥に進んで
右に曲がり、更に右の壁にありました。(苦笑)



今回の「表示板」のように

本来の【目的】を間違えると

意味のないものになりやすいことは

社内においてもたくさんあります。

表示に関していうならば、

見る人の「目線」を意識することで

より「見える」「伝わる」表示

変わりますよ♪

ご自身の周りでもなぜ、ここに

貼ってあるんだろう?という表示は

ありませんか?


+++++++++++++++

知性とは、方法や手段に対して
鋭い鑑識眼を持っているが、
目的や価値に対して盲目である。

~アインシュタイン氏の言葉~

++++++++++++++++



■ 事務効率化は、モノも情報も人もカネも「整理整頓」から!
仕組み化コンサルティング依頼
ご相談・お問い合わせはこちらから
※事務改善がビジネススタイルの1つにもなるのです!
 ↓ ↓
<ご相談・お問い合わせ>


■複数の専門家のアドバイス・提案を受けたい企業様募集中!
※OFFICEキスクでは様々な職種の方と御社へ工場見学し、(少人数制)
その後、その商品や工場の業務改善などテーマを決めて
その場で客観的な意見、提案を行います。
↓ ↓ 詳しくはこちらをご覧ください
『出張提案会』



| 問題点の見つけ方 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/562-62659dc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT