PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

経営の相談はまず主治医に聞く!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です(^.^)

どんより曇り空だった東京。

その他の地方はいかがでしょうか。

最近秋めいた気候に我が家のエアコンは

お休みが長くなり、

変わりに扇風機で充分な状況になりました(^.^)

ちょうど、我が家のリビングのエアコンの

調子が悪くなっていたので、

冬に稼働するまでおいておけるな
(出来れば早く手当した方がいいんだろうな(苦笑))

エアコン修理屋さん、探してみるか!!

と、みなさん、このように

何か困ったことがあったら

誰に(どこに)

相談しますか?

例えば

プライベートでの恋愛話⇒友人

進路の問題⇒担任or両親or兄弟・・・とか

病気の悩み⇒病院

では、仕事に絡むエトセトラでは

どうでしょうか?

私もお客様からも質問を受けたり、

友人、知人からも聞かれることがあるのですが、

「○○なことがあった時、
誰に聞いたらいいのかな?」


という事。

**************

相談するなら主治医に聞く!

**************


これも内容によるのですよね(^.^)

ちなみに細かくその案件ごとに

その専門家に聞く!という事は大事ですが、

様々なその他の事柄などとも繋がることが

多いので、

誰に聞くと一番良いか?

を知っておくことが大切です。

下記の表は、私が思う相談内容ごとに
関係する職種一覧です。
窓口

まず、前提イメージとして

「会計士」さんは大病院

「税理士」さんは町医者と認識してください。
医者


その上で、様々な業種専門病院、

クリニックがあるというイメージです。

経営において、相談の窓口に一番

適しているのは、

お金の管理をしている『主治医』です。

その主治医に聞くのが一番なのです。

主治医に聞くと、

検査、診断、処方箋を書き、

検査

薬


必要あれば専門病院や大病院へも

紹介状を書いてくれます
よね。

それと同じことです。

それぞれの細かいことを専門家に

聞くことも良いですが、

全体的にその人(経営であれば会社)を良く知る

主治医の『税理士』さんに聞くことを

いつもおススメしています。

聞く


何においても

お金が動く、

人が動いても会計処理に関わります。

ましてや予測できる「プラン」「問題」

共有しておくことでそれらで起こり得る他の

リスクに関しても未然に防いだり

選択肢を示してくれます。

※最近ではこのようなコンサルティングをしない
記帳だけの契約もあるようですが、
まずは相談してみてくださいね。


もし、個人事業主の方で

税理士さんと契約していない場合であれば

税理士さんの「無料相談」を受けてみるのも

ひとつです!

闇雲に専門家に頼りすぎると

全体的にコストが高くなったり、

専門分野以外のシミュレーションが出来ず

他のリスク要素が出てくる恐れもあります。

事業全体のことを見渡せる

そんな主治医を見つけておくのも

事業上、必要なことですね(^.^)

もちろんセカンドオピニオンという形もありますよ♪

<余談>
私の場合の相談が多いのは
事務以外の「営業代行の方知りませんか?」だったり
「おススメのシステム制作会社ありますか?」
または
「ホームページ作成をしてくれる所あります?」
が多いですね(^.^)

なにせ、それらの事務業務部分の効率化の
仕組みを作っていますから。

我こそは!という(上記の)専門家の皆さま、
是非メッセージ下さいね♪



■ 事務効率化は、モノも情報も人もカネも「整理整頓」から!
仕組み化コンサルティング依頼
ご相談・お問い合わせはこちらから
※事務改善がビジネススタイルの1つにもなるのです!
 ↓ ↓
<ご相談・お問い合わせ>


■複数の専門家のアドバイス・提案を受けたい企業様募集中!
※OFFICEキスクでは様々な職種の方と御社へ工場見学し、(少人数制)
その後、その商品や工場の業務改善などテーマを決めて
その場で客観的な意見、提案を行います。
↓ ↓ 詳しくはこちらをご覧ください
『出張提案会』


| 情報 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/565-76cd9701

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT