PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

手間をかける目的と手間を減らす目的

こんにちは、

事務改善アドバイザーの高倉己淑です!(^.^)

突然ですが、質問です。

「あなたは、どんな時間を大切にしていますか?」

時計


と、言いますのも

私は大抵、料理の時間は30分程度と

決めており、
(それでも煮物や前菜、メインまで作れます)

料理をし始めるギリギリまでの

時間を他のことをする時間として

大切にします。

また、食べる時はゆっくり食べながら

夫と会話を楽しむ時間の方が

大切なんです。

※但したまーーに、手間暇かけたものを
作る時もありますよ(^.^)

こんなふうに「時間を費やすこと」

「出来るだけ時間をかけないこと」

というのは、

『大切にすべきこと』=『目的』

に沿って、選択されているように思うのです。

***************

手間をかけることと、かけないこと

***************


ビジネスで大切なことの一つに

「バランス感覚」というものがあります。

経営者には、

このバランス感覚が必要なのですよね

中でも

「手間をかける必要のあること」



「手間をかけないこと」

私は事務効率化を薦めている人間ですが

どんな時も効率ばかりを

求めているワケではありません。

中には、手間をかけるべき所もあるのです。

その判断基準は、

『目的』と『役割』です。

************

ルーティンと臨機応変

************


会社全体の目的、理念は別として
(これは核になる土台)

ご自身の仕事の目的、役割を

理解しておられますか?


『作業』においては、

より効率よく!手間を削減!


『お客様対応』においては、

より丁寧に、手間をかける!


ということです。

もちろん対応の一部はルーティン化できる

こともあります。

この「ルーティン」になった場合は

手間を減らす方向を考えます。

その分、「臨機応変」なことに

対応できるようになります。

ですから、会社の運営上においては

事務や工場内作業といった

ルーティンワークの分量が多い

部署は効率化を考え、

手間を減らすよう改善をすすめるのです。

反対に、

営業や企画販促などの部署は

お客様対応や

マーケティング分析、

サービスの強化など


ルーティン作業ではなく、

個別対応や臨機応変対応

その時代、地域ごとの対応などを

行うことが多く、

手間は増えるのです。

*************

結果は干渉し合う!

*************


ただ、面白いことに

両者は相対関係にあります。

相対関係



「事務が効率よくなった」
 ⇒「営業の時間が取れる」

「売上が上がった」
 ⇒「事務の作業量が増える」

「売上が下がった」
 ⇒「事務の作業量減る」


と、その結果はお互いを干渉し合うのです。


※上記の構図が成り立たない場合は
 ムダな事務作業をされてるのですぐ
 改善する必要がありますね。


要するに、

手間をかける所と

手間をかけない所


その仕事の『目的』を理解し、行動すると

【改善】⇒【効率化】
 ⇒【必要なことに時間を使える】

ということになるのです!!(^.^)


さあ、ルーティンから、

どんどん効率化をすすめましょう!





★そんな間違った改善に進まないための
オススメなのが業務フローの「ボトルネック」を
見つけ、改善行動を促進するセミナーを開催します!

  ↓ ↓ ↓(下記の文字をクリック)
10月19日(日) 東京神田にて
TOC(制約条件付き理論)セミナー

「たった1日で本当に改善すべきことに気づけます!」


■ 事務効率化は、モノも情報も人もカネも「整理整頓」から!
仕組み化コンサルティング依頼
ご相談・お問い合わせはこちらから
※事務改善がビジネススタイルの1つにもなるのです!
 ↓ ↓
<ご相談・お問い合わせ>


■複数の専門家のアドバイス・提案を受けたい企業様募集中!
※OFFICEキスクでは様々な職種の方と御社へ工場見学し、(少人数制)
その後、その商品や工場の業務改善などテーマを決めて
その場で客観的な意見、提案を行います。
↓ ↓ 詳しくはこちらをご覧ください
『工場見学deイノベーション』






| 改善の提案 | 15:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/569-ed0743a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT