PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

築地の魚市場の工夫がすごい!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)

週末はいかがお過ごしでしたか?

私はと言うと、日曜日に少しお出かけ

風が強い日で、

目の前で空の段ボール箱が

ビルの2階近くまで舞い上がっていたくらい。

近くで事故らしいものはなくて

よかったですが、危なかったですね。

さて、

そんな週末、土曜日にふと

テレビをつけてみたら

外国の方が築地を視察するという

番組がやっていました。

************

日本の工夫と技はキメ細かい

************


「世界が驚いたニッポン」という

テレビ朝日系の番組です。

※余談ですが、最近似たような番組
増えていますね(苦笑)

とはいえ、この番組の面白い所は

その道のプロの方が海外から日本へ

視察に来て、日本のその仕事の様子など

見学したり、体感したりするという

プロの社会見学のようなもの

まるで自分も社会見学しているような気持ちで

観れるので面白いです。

先日放映していたのは、

築地市場や愛媛県の鯛の養殖場、

定置網漁の現場などで

魚の鮮度を保つための工夫、技、

魚を傷つけないための工夫、技


数々です。

築地の仲卸店では、

氷を入れた海水に漬けたり、

氷を敷いたり、


鮮度を保つために魚の種類ごとに

変えるという工夫

マグロの解体見学では

マグロを切った際の身を拭く方向で

雑菌の繁殖を防ぐ方法、

血が滲んで変色したり

雑菌繁殖を防ぐ方法
などを紹介

していました。

※詳しくはコチラをご覧ください
 ↓ ↓
【世界が驚いたニッポン】2015.2.14放映より

その中で私が着目したのは、

築地で魚をトラックで運ぶ際に利用している

トラックの形状です

************

冷蔵の横開きトラック

************


それは冷蔵の横開きトラック!

横開きトラックで冷蔵は

少ないらしく、

魚を大量に運ぶ築地市場では

大きな冷蔵トラックが横開きに

なっていて、

フォークリフトなどで一気に

積むことが可能
です。

・・・・

なんて効率的なんでしょう!!(≧▽≦)

 ↓※下記はイメージ(下記画像は冷蔵ではない)

横開き

これは、冷蔵品を大量に扱う会社、

冷蔵でなくてもいままで大量の商品を

後ろ扉から出し入れしていた会社にとっては

改善の事例
にもとれますよね。

もちろんトラックの購入価格と

その作業効率から良い方を選ぶことが

大切です!

が、一つの選択肢として知っておくことは

必要なように思います。


しかし、日本の技術恐るべし


なお、ここまで鮮度にこだわるのも

お国柄
でしょうね。

日本は生で魚を食べる風習が

昔からある
のですから。


■ 事務効率化は、モノも情報も人もカネも「整理整頓」から!
仕組み化コンサルティング依頼
ご相談・お問い合わせはこちらから
 ↓ ↓
<ご相談・お問い合わせ>




| 改善の事例 | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/609-5e3e4000

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT