PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なぜ、捨てるモノの保管に倉庫代を払うのか?!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です。

さて、金曜日です。(いや終わりかけです。笑。)

なんとか宣言どおり、

月金のブログUP達成

次の目標はUP時間の固定化ですね。汗;

さて、

事務改善アドバイザーの仕事、

一体どんなことしているの?と

思われること多いのですが、

要するに「事務業務の効率化」の

お手伝い、土台(仕組み)づくりです!

しかしながら

単純に「効率化」と言っても色々です。

***************

システムの前に「モノ」の整理を!

***************


スグに

「システム化するのでその仕組みを」

言う会社様が居ますが、

その会社の中が多種多様なモノで溢れ

従業員や社長の紙資料が

◎机の上に山のように積みあがっていたり、

◎棚の中を開けるとラベルもされていないような

◎資料、ファイルがぎゅうぎゅうに詰っていたり

◎保管資料や在庫商品の為の倉庫を何棟も
お持ちだったり・・・


案外、『モノ』の整理整頓、段取りを良くしたら

効率よく周り始めた!なんて事よくあります。

そのあとでシステム化する方が良いことが

多いのです。

モノに溢れて、整理整頓されていない

その会社内の様子は、

システム化する整理されていない情報

と同じ状況。

その状態でシステム化してもやはり

問題が起き始めるのです。

**************

倉庫1棟、不要なモノの置き場?!

**************


ある会社では

在庫商品の保管場所として

倉庫を2棟借りています。

倉庫画像


また資産としての倉庫も2棟あり

倉庫は全部で4棟・・・

「えっ?そんなに在庫を保管しているの?」

倉庫を見てみると、

積み上げられた段ボールの山は見られるが

まだまだ充分に入る余地もある

それなのに4棟?

社内のバックヤードも全て確認すると

実は少なくとも倉庫1棟分は

捨てるモノに費やしていたことが判明

・・・・ムムム。((+_+))

売れなくなった商品、

使えない材料、

色んなものがあります。

仕入れる時はそれなりにお金がかかっています。

「捨てるには勿体ない・・・」

しかし、その気持ちが実に

約20万円×12=年間約240万円と言う

コストを生み出していたのです!

「すべて捨てる」とは言いません

「売る」「譲る」でも構いません。

しかし、コストをかけるべきではないのは

あきらかなのです。

「勿体ない」とは何が勿体ないのか?

不要なモノに更にコストを上乗せしている

そんな事が発生している現場を見ます。

「棚が足りない」と言うあなた!

「場所が足りない」と言うあなた!

「人が足りない」と言うあなた!


まずは、整理整頓からした方が

良いですよ(^.^)


★しかしどうやって整理整頓を始め
効率よい段取りを行えば良いか
わからない!と言う方へコチラをおススメします
  ↓ ↓ ↓(下記文字をクリック)
『モノ・コトの段取り☆改善』が
どうして御社の売上UPにつながるのか?
~鈴木一郎さんが月に20時間も残業している理由~

| ムダの着眼・コスト削減 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/624-30df4923

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT