FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「その使用許可取れていますか?」

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です(^.^)

5月も今日が最終日、

振り返ると私の5月は、

インプットとリラックスの月でした。

そのインプットで、

村山昇先生
(キャリア・ポートレート コンサルティング 代表
職種:組織/人事 ・コンテンツプロデュース ・マーケティング)

のセミナー「コンセプチュアル思考」のワークショップを

2回受講してきました。

※コンセプチュアル思考とは
自分の仕事・キャリアに
を与える「意」の思考のことである。

コンセプチュアル思考図解

  ↓ ↓※詳しくはコチラから
http://www.conceptualthink.com/


講義内容に関してはこちらからご覧下さい
  ↓ ↓※「講義録」より
http://www.conceptualthink.com/#!lecture/z5bgi


今回、こちらの内容もさることながら

事務改善のポイントとして

私が着目したのはこの答案用紙でした
 ↓(注:村山昇先生ご本人に承諾を得て掲載しております)
使用承諾書

------------------------------
■答案用紙のウラ面を活用
------------------------------


今まで、セミナーに参加した際、

アンケートが配られ、そこに

答案の掲載許諾を得たりする内容を

コメントされているものもありましたが

「ワークショップ」の回答自体を

A4一枚のオモテ面(各自の発表清書)

ウラ面(使用許諾について※上記画像)
※しかも、裏面の右隅に記載され、
出来る限りオモテ面に影響しない作りに
なっていました。


が記載されている形式は初めて目にしました。

アンケート以外のワークの内容を

提出して頂くと言うのも、

あまり見ない(私は初めてでした)パターンで

その使用許諾をウラ面に記載することで

オモテ面だけの片面印刷で許諾をもらうよりは

後で使用する際の加工はほとんど不要です。

しかも文面も丁寧で、使用目的も書いてあります。

Blogやホームページへの掲載だけでなく

執筆物にも使えると言うものです。

こんな「事例」の集め方、ありそうで

あまり見た事なかったので、新鮮でした。

後で許諾連絡などの必要もないのですから。

------------------------
■受講者の内容を共有化
------------------------


更に、ワークショップは

大抵が4~6人程度のチーム編成で

幾つかの島が出来ます。

そうすると、同じチームの発表しか

ほとんどの場合は見聞きできません。

案外、受講者の方の発表内容の中でも

多くの学びを得ることが出来るため

もっと見てみたい!と言う欲求

は、受講者側にもあります。

使用許可を頂くことで、そういった共有も

可能になり、

更に、サイト上で復習することもできるの

ですよね(^.^)♪
※講師だけの宝物で終わらない所が
素晴らしい!


※5/25のワークショップの様子に
その発表例が記載されています
  ↓ ↓
http://www.conceptualthink.com/#!みんなのコンセプチュアルワーク-160525-~思考テーマ:成長とは何か/ybtza/5747d0400cf29bc2c826a704


セミナーアンケートの掲示を見るより

各段にその閲覧の「意味」も生じますし

セミナー内容に興味も出ます。

今後はアンケート内容ではなく、

受講者発表の「事例」の情報収集と

その活用法が、セミナーやイベントを

開催する講師、主催者にとってもっと

見直されていくのではないでしょうか

| 改善の事例 | 09:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/684-42352133

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT