PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

情報うまく引き出す方法

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)

本日の東京は猛暑・・・。

溶けてしまいそうな暑さです。

いかがお過ごしでしょうか。

三連休は、ゆっくり休まれたでしょうか。

私は三連休の間に1つ歳を重ねました。

毎年毎年を迎えることが出来、

感謝の日となりました。

さて皆さん、たくさんの知識・情報を

得ている人からより多くの情報を

聞きたいと思った時、

どのように聞き出されますか?

今回、私のお客様が(多くの経営者が)

行っている情報取得の方法を

一つご紹介いたします。

------------------------------
■送迎時間は、情報を聞くチャンス
------------------------------


当オフィスは、、東京にありますので

首都圏を中心に活動しているのですが

最近では、関西や関東でも

千葉県や群馬県など他府県に行くことも

多いのですが、

その際、交通の便の悪い企業様の場合

必ずと言って良いほど

主要駅まで送迎してくださいます。

もちろん、交通費は実費請求しておりますので

タクシーを使って、

タクシー代請求もできるのですが

ほとんどが、送迎頂けるのです。

しかも、送迎を経営者自ら

行われるのです。

車


これは、

●礼儀

だからとか

●おもてなしの心

だからという理由もあるようです。

往復の時間を考えると

経営者の時間を2往復分も使ってしまうので

「タクシーでまいりますよ」

と伝えたのですが

経営者の方はこうおっしゃいました。

「せっかく遠くから来て頂いているのですから
この送迎の時間も色んなお話しを聞きたい
と思ってるんです。」(満面の笑みで)


経営者


なるほどーーー。

この言葉は、私に気を遣わせない為に

おっしゃったかも知れませんが

このようなメリットも当然あります。

経営者と車で密室ですから

お客様の会社の

重要事項、機密事項の話もしやすく

ふと話した雑談の中に

●今の広告戦略の主流

●巷で話題の効率化ツール

●他業種のから学べる情報

などを話すこともあります。

依頼以外の気になっていることの

相談を受けることもあります。

------------------------------
■貪欲であることが大切!
------------------------------


すでに依頼を受け訪問する

その往復時間、

こちら側も訪問するにあたり

移動時間等も含め報酬を請求いたします。

では依頼する側ももっと貪欲に

聞いて良いのです。

ただ、「この時間使って当然」と言うような

態度をされることは決してありません。

いつも

「遠い所ありがとうございます」

感謝の言葉から入り、

世間話をしつつ、

「実はこんな事がありましてね・・・」

現状困っていることを話してくださいます。

経営者の場合、会社に着けば

従業員からの質問、会議、接客と

経営者の方を含めたミーティング以外は

ほとんどお話しできなくなることも多く

この送迎の時間が大切なんだとか。

どんな時間をどのように有効化するか?

よりそれを貪欲に考え、

気持ちよく聞きだす方法を

考えられているな~と

思います。

交通が不便なコトを逆手に取り

こうした時間を生み出す

「貪欲な学びの姿勢」

私自身学ぶことが多く

お互いに好循環が生まれます(^.^)♪

さあ!貪欲に学ぶ時間を
生み出しませんか?



【注】ちなみにこのお話しは
送迎を安に強制するものでは
ございません。笑。
勘違いなくお願いします(^.^)

| 問題点の見つけ方 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/689-3689fa6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT