PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

給与自動前払いの仕組み?!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)

GWも明け、本日からお仕事という方も

多そうですね。

リフレッシュできましたでしょうか。

私はと言えば、ゆるやかに仕事をしつつ

資料の整理整頓や衣替えをし、

多少の散歩を楽しんでおりました♪

今日からまた本格稼働です。

さて、最近こんなサービスがあるのを

ご存知でしょうか?

『給与随時払いサービス』
CYURICA(キュリカ)

というサービス。

----------------------
■前払いがカンタンに出来る?!
----------------------


給与の支払方法は

・日払い
・週払い
・月払い


など色々ありますが、

多くの場合は月払い。

最近では、臨時雇用や

契約社員という雇用形態が増え、

仕事を転職した際などでは、

働きだしてから給与が支給されるまで

1ヶ月かかる場合、

それまでギリギリで生活していた場合

生活費が困窮する。と言うケースも

発生しやすくなっているようです。

こういった背景からもこのサービスが

出てきた理由がよく分かります。

このCYURICA(キュリカ)

というサービスは、

従業員に専用のカードを発行し、

そのカードでATMから出勤した分の現金を

引き出せるというものだそうです。

こちらのサービスでは、次の3つのメリットを

伝えています。

●給与直接払い

●給与即時払い

●全国ATM出金対応
 (※現在56000店超)

既存の勤怠サービスとの連携も

できるそうなのですが、

気になるのは、メリット・デメリットですが

サイトを見る限りでは

次のようなポイントから

ご自身の会社で利用可能かの

メリット・デメリットを検討されると

良いかと思われます。

1)初期費用0円

2)月額利用料50,000円

3)24時間365日出金可能だが
 引き出し手数料は本人負担

4)給与相当額の一部が引き出し可能

5)入退出の時間管理が即時できて
 いる状態が必要



これらを見る限りでは、

これは、大企業もしくは

中小企業でも従業員数が

300人を超えるような会社向けのように

感じます。

開発したのが株式会社ヒューマントラストという

総合人材サービスの会社だけあって

派遣会社でも利用しやすいのでしょう。

ちなみに5つのポイントで気になるのは

4)給与相当額の一部が引き出し可能

ということ

これは、利用基準が「時給×勤務時間×50%」と

していた場合、その基準が引き出し可能額となり

残金は通常の月末支払いになるというもの。

全額が引き出せるワケではないのです。

また、

5)入退出の時間管理が即時できて
 いる状態が必要


というのは、勤怠処理が出来ていないと

計算が出来ない為、出金できない

ということになるのです。

ということは、結局のところ

勤怠管理の随時徹底が必要不可欠であり

それが可能かつ前払いできる資金を

入金しておける資金的余裕があり、

なおかつ、そういった

雇用形態が多い会社向け

のサービスではないでしょうか。

小規模の中小企業では、まだまだ

利用するメリットを感じませんでした。

しかし、

新たなサービス(といっても昨年発表していますが・・)

からは本当に必要なものは何か?の

ヒントを得られることも多いです。

今回の件で、私はやはり勤怠管理の

仕組みでシンプルかつ効果的で

徹底できるサービスをもっと探そうと

感じた次第です。

さて、あなたは何を感じましたか?




| 情報 | 09:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/710-c63fe7ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT