| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

環境を変えて集中して学ぶ!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

先日、少し休暇を取り屋久島へ行ってきました。

普段なんの運動もしていない私が、

約11時間(途中1~5分休憩と昼食20分程度あり)

歩き続けるのに不安はありましたが、

「縄文杉を絶対見たい!」と言う想いと

一緒に歩いたガイドさん、参加者の方が

居たからこそなんとか辿り着けました!

往復11時間をゴールした時、

人はひとりでは歩き続けれないな・・・と

実感。

前の人の背中が見える安心感。

後ろの人のペースを
乱さずに歩こうと思う気持ち。

歩きながらの雑談。

それらがゴールまで私の足を動かしたのです。

これって、仕事でも同じようなことが

思い浮かびますね(^.^)

--------------------------------
■コンサルを依頼するより社員研修を!
--------------------------------


さて、

私もそうだったように、人は環境を変えると

今置かれている状況や問題を別の角度から

見たり、感じたりして、その解決策が

閃いたり、情報を得たりすることも多くあります。

先日、お客様の会社へ訪問し、

新たなシステム導入後の説明を行っていると

少し説明を行うごとに、どんどん吸収し

目の前で素早いキーボード捌きで

みるみる上達していく従業員の方が

居られました。

その会社の社長からは

「操作方法の指導お願いします」

と言われており、

そのつもりで対応していましたが、

その新しいシステムは、

少し覚えると自分でも様々な機能を使って

カンタンに自分でより良く活用できるもの

そこで私は社長へ次のように提案してみました。

「社長、●●さんはパソコン操作が得意で
システム会社出身ですし、
ぜひ、今回導入したシステムの勉強ができる
研修を受講されたらいかがでしょうか?
私にコンサル料を支払うよりもよりスピーディーかつ
柔軟にこのシステムを活用できるようになりますので
費用対効果は抜群ですよ!」


現場では、どんなことが必要か?は

使う人がより分かります。

「聞いて」⇒「確認して」⇒「教えて」⇒「できる」

ということを私が行うより、

「学んで」⇒「行う」を現場でする方が断然良い!

しかも、その従業員の方はITに明るく

学ぶ意欲もありました。

そしてもう一つ大切なこと。

いつもと違う環境に身を置いて

集中して学ぶ時間と取る大切さ!です。

普段、会社内にずっといると

その小さな空間の中で

物事を考えます。

様々なことに気を取られながら

工夫やアイデア出しをしようとすると、

余計な情報が入りすぎ、

考えも散らかりやすくなります。

環境を変え、集中して取り組む時間を

作ることで、より深く理解できるようになり、

実践での活用スピードが促進されます。

また様々な会社、立場の申込者が

参加するような研修の場合、

一緒に学んでいる間の雑談の中でも

活用法のヒントがあったり、

他社(者)がどのように使っているかを

知ることも出来る
のです。

そして、私の提案を受け、社長はその場で、

研修申込みをされておりました(早っ!)

※なお、元々IT好き、新しいもの好きな従業員の方、
会社が地方にある為、東京で研修を受けにいく!と
いう事にも嬉しかったようです。

現場が良くなる「方法」を知れば、

従業員の方が勝手に考え動きだします。

無理強いは逆効果になる場合もありますが、

「キッカケ」の提供と

「環境を変えて集中して学ぶ」時間を作る
ことは

デキる事務員におのずと育つ要素の一つです!

ぜひ試してくださいね(^.^)♪

※我ながら、自分のコンサル料(報酬)を削減してまで
提案していますので、変わったコンサルですよね(笑)

| デキる事務員 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/715-c2be3d00

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT