FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユーザー数課金の罠・・・クラウドアプリ

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

台風接近中の東京は蒸し暑い朝から

始まりましたね。

6月に訪れていた屋久島でも

レンタカー屋さんの事務所が倒壊したり

建物の損壊、倒壊するほどの状況・・・

宮崎では、日曜日一日JRがストップとか

これは素晴らしい判断のように思います。

二次災害が起こらない為の英断って

大切ですよね。

リスクマネジメントができてているなと

感じさせられました。

-----------------------------
■1人でも5名分の課金?!
-----------------------------


さて、最近は、クラウド型の様々な

システムを利用することが増えています。

私の場合、

●会計、請求書発行は、freee(フリー)

●プロジェクトの情報共有はchatwork(チャットワーク)

●顧客管理、案件管理、進捗管理、工数管理は
 kintone(キントーン)

を活用しています。
(アプリで自分で仕組みを作成できました(^.^))

しかし、最近気になることがあります。

クラウドにあるサービスを見ると、

ユーザー1名当り月額 ●●●●円

と記載があるのですが、

よくよく見ると、「※5ユーザーからの契約」とか

書いてあるのですよ((+_+))

1人で使いたいのに5名分の料金・・・

freeeは立替精算や給与を使用していないので

月額固定(年一で支払っています)が、

kintoneは、1,500円×5=7,500/円(税別)

になります。

一人で使うにはお高い!

普通にそう思いますよね。

しかし、最近はそれを利用して、

顧客用の業務報告アプリを作成し、

クライアント先の従業員様を

ユーザー登録して

そこに直接一日の業務報告を

入力して頂くようにしました。

すると、

今までEXCELで先方で集計し、

まとめたものをメール添付で

送って頂いていたものが

●リアルタイムで確認出来、

●日付ごとの集計がボタン一つで出来、

●月ごとの一覧表もボタン一つで見え、

●経営者や各従業員同志も業務進捗を
 把握できる


という仕組みが作れました。

テストパターンで1社のみこれを開始

全部で10ユーザーになったので

15,000/月(税別)の負担になりますが、

今まで、連絡・報告などしていた内容が

見たい時に見れる状況になり

弊社の事務の手間は格段に

減少しました。

メールやSNSなどでの報告だと

報告そのものは見やすいのですが、

各作業の処理時間などを把握するには

集計が必要になったりもします。

それらが自動集計され、

日々の雑感、予定の欄もあり、

1日ごとのレポート印刷も容易なので

より分かりやすい「見える化」を達成♪

増えたユーザー数も

1ヶ月ごとに増減することが出来るので

管理期間を負えれば

データのバックアップを取り、

ユーザーの削除をすれば、

基本の5ユーザーに戻せます。

これは良い仕組みづくりが出来た!

と自分でも納得。

ちなみに、

kintoneは使用しているユーザーごとに

使用するアプリの

閲覧や入力、編集の権限を設定できるので

弊社の他の内容は見えないように出来ます。

これを応用するには、

依頼書や、見積書、アンケートなども

自動集計管理が出来るようになります。


お客様から欲しい情報、

その情報を集計、管理する必要のあるもの

をその間の「連絡」「再入力」などの手間を

削減できれば

よりスムーズに、効率よく、
本来やりたい仕事に集中


できる仕組みが作れるように思います。

しかし、やっぱり思うのです。

1名利用金額

と言うものを設定してほしい!と。

そして、従業員ユーザー登録ではなく

ゲストユーザー課金で設定するパターンが

欲しいな・・と。

個人事業主がどんどん増えている昨今、

1ユーザー利用2,980円とか、

本来は1500円のものが倍額でも良いので

そのプランは今後必要なんじゃないだろうか。

クラウド化は便利ですが、

様々なものを利用している内に

どんどん月額が高くなる傾向に・・・

勤怠管理、案件管理、基幹システム、

立替精算、会計処理

と、全部別々のシステムやEXCELと言う

会社様も多いのではないでしょうか。

クラウドアプリはどんどん進化し、

自動連携の仕組みが整いつつあります。

素早く情報をキャッチし、

利用するものをもっと絞り込むと

さらに効率よく仕事が出来ますね(^.^)

私はしばらくは、更にKintoneでの

業務改善の仕組みを自分で

構築しつつ、

顧客が使用する時をイメージして

他のシステムなどとの比較研究を

進めることになりそうです。(^.^)

| 問題点の見つけ方 | 08:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/722-7ae767b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT