FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「設計図」と「視点」が大切!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

本日の東京は曇り空。

なんだかスッキリしないですが、

気温が24℃前後なので心地よく過ごせます(^.^)

昨夜は所属しているビジネス交流会に

参加してきました。

勉強会が終わった懇親会でのお話し

74歳になる先輩経営者のお話しを聞き、

ランニングやご夫婦での旅行の話など

そのアクティブさに私も元気に動くことを

まだまだ行う必要があるなと思いながら

お話ししていた所、

私の趣味の話になり

先日訪れた那須塩原にある

藤城清治美術館
藤城清治美術館

の作品のすばらしさを語っていたのですが

そこで自分で話をしながら、

気付いたことを共有したいと思います。

---------------------------
■「設計図」と「視点」
---------------------------


藤城清治さんは93歳になられますが、

まだまだ現役で作品を作り続けられている

エネルギッシュな作家さんです。

影絵作品で私が一番印象にあるのは

あの「パルナス」のCMの影絵だけでしたが

今回、美術館に訪れ、生の作品の数々を

見た時に、感動して久々に涙が出ました。

昔話、おとぎ話の世界観と現実

造形の繊細さと色の美しさ

そして全体を通して、

「儚い夢と哀愁の中にある“希望”」

を感じました。

そんな素晴らしさを伝えながらふと思ったのです。

私の好きな絵画作品に

東山魁夷さんの

「満ち来る潮」「朝明けの潮」
※作品はこちらをご覧ください
 ⇒「弐代目・青い日記帳」blogより

モネの「水連」
「GO Trip」より

があります。

そして、この大作全てに共通して

感じたことがありました。

それは、
「天才画家は数学者や物理学者にも匹敵する」

という事です。

何かと言うと、これらの作品は大作(大きな作品)であり

その作品を完成させるまでには

「デッサン」という設計図

色合いやタッチを「近距離」「遠距離」で

見た時の味わいの違い、見え方の角度

を計算されつくした天才的「視点」

だと思うのです。

もちろんそれらにそれを組み立て叶える技法も

必要なのですが、

計算された「設計図」と
天才的「視点」
の二つはなんと言っても

圧巻です!!

そんな話を食事をしながらしていました。

自分の口から出た言葉を

私は自分の耳で聞いた時に

改めて、

「ああ、そうだ」

どんな仕事でもそうではないか?

“天才的”と言わずとも

業務を行うための「設計図」

何をどの角度で見るか

何に着眼するか

そんな風に表現できるのか

という「視点」


はとっても大切なことではないでしょうか。

良い作品を作ること

良い仕事をすること

には計算された「構成」の中に

の「情熱(思い)」の視点をもって

取り組むこと
のように思うのです。

なお、藤城清治美術館は2013年に開館!

その際に展示した大作の一つはその時の作品

というと、、、89歳で完成??Σ(゚Д゚)

恐ろしいほどエネルギッシュで、

これまた敬服いたします!!

私もまだまだ精進せねば!!!

※残念ながら、藤城清治さんの作品は
あえてリンクしておりません(撮影禁止でしたし)
撮影OKの教会のステンドグラスと美術館
入口のみこちらにUPしました。
教会のステンドグラス

| 改善の提案 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/727-aa40d33f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT