FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中小企業のミカタになるか?!(kintone×freee連携)

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

先週の雨の日々が嘘のように

快晴の続く東京の空ですね。

さて、私は超面倒くさがりなので

どうしたらもっと改善出来るのか?

を日々考えていますが、

自分の能力だけでは限界がありますよね。

なのでネットで業務改善のネタを探し、

ビックサイトなどで行われている展示会で

改善ネタを探し、

友人やビジネス交流会などでの会話から

探しています。

もちろん本も読みますが、

基本は、生身の人の話や事例は

基本系だけでない「工夫」があり、

新しい改善のヒントにも繋がるのです。

そこで最近、

勉強している業務改善アプリの

kintone

ですが、

待望の会計連携プラグインが登場しました!!

-----------------------------
■ 中小企業のミカタになるか?!
------------------------------

いやーー。

コレ、本当に待ちに待っていたのですよ。

kintoneという業務アプリ、

便利なのですが、問題点も
まだまだあります。

kintone加入の基本操作では
下記が出来なくて、外部業者のサービスを
あらたに投入する必要があり、

月額利用料がどんどん上がっていく
仕組みになってしまっているのです。

「小規模の中小企業が
使いにくい業務アプリじゃないのか!」

と叫んでいた所でした。笑!

●印刷ができない
 ⇒プラグイン購入orEXCEL作成など

●HP連携用フォーム作成
 ⇒プラグイン購入orカスタマイズなど

●会計管理
 ⇒会計ソフトとの連携パック購入
 orカスタマイズなど

EXCELのVBAや

プログラミングの知識がないと

結局年間契約料にすると結構な

金額になったりします。

そんな中、

一番非効率になりやすい問題

「会計」との連携プラグインが出来たようです♪
アイティーフィット

現在のところ

freee(フリー)会計

との連携だけのようですが、

これは朗報です!

これは「中小企業のミカタになるのでは?」

と期待に胸が膨らみます。

-------------------------
■金額設定も良心的
-------------------------


ちなみにこの説明会を夏の終わりに参加

していて、

「どうせ、結構な金額になるんじゃないか?」

と思っていましたが、

なんと、 33,600/年額~のプラン!

これはジャストミートです!!

弊所でも、freeeへの伝票登録の

EXCELマクロテンプレートを

作成しましたが、

※EXCELマクロ連携テンプレート作成の
お問い合わせはコチラ

kintoneのデータを抽出する操作なども

必要になってしまいます。

効率的には断然プラグインが良く

kintone管理がよりシンプルになります。

プラグインの価格は

大抵のものが2~3コース

作成していますが、

「業務管理」として行っていくには

一番高いプランでないと

使えず、月額13,000円(税別)以上

するものがほとんどです。

そんな中、freee連携kintoneプラグイン

2コースを用意していて

ビジネスプランとカスタムプラン

があり、ビジネスプランでも

基本的なものが使えそうです。

ただ気になるのは、どこまで使えて

何ができないか?ですが、

サイトの情報を見る限りでは、

1)kintoneの売上管理から
freeeの請求書発行登録の連携

2)電話、メールサポート


の2種がカスタムプラン(個別見積)

のようです。

まずは私も2ヶ月無料お試しを使用

してみて、どこまで使えるのかを

更に確認していきますのでまた

ご報告しますね(^.^)♪

新しいモノは、初めは不足している事も
多いですが、
本当に望まれているモノは、
あっと言う間に進化を遂げていきます。

4年前にfreee会計やMFクラウド会計を

推奨していた時は、

税理士さんをはじめ、色んな方に

「使いにくい」「使えない」と言われたものです。

今や、freee会計、MFクラウド会計は

小規模な中小企業には当り前に

なりつつあります。

kintoneやそれを取り巻く環境の変化も

一気に進化を遂げると思われます。

●会社の決まったパソコンからでないと
使えない
●会計と売上管理が連動しなくて2度手間
●事務員を雇うには事務所がないと・・・
●現場と事務の連携ができない

etc・・・

なんてことから脱却しないと

業務改善、働き方改革ということの

実現は難しいのではないでしょうか?

今回はkintoneに着目していますが

kintoneが一番とは言えません!

その会社にあったものが
必要になって来るのです。

業務内容を理解し、

目的を共有し、

必要なものとそれにどこまで
コストをかけられるかを

検討して業務管理体制を

改善しましょう!!

★自分の会社の管理体制を
診断してほしいと言う方はコチラから
お問い合わせください

   ↓ ↓
※あなたの会社にあった
業務管理システムをご提案

| 情報 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/733-9237b9d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT