FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「流れ」を改善!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

新年あけましておめでとうございます!!

本日より通常営業です。

ホームページをリニューアルし、

本日9:00に公開いたしました。
(いやー。大変でした。)
  ↓ ↓※下記をクリックしぜひご覧ください。
オフィスキスクのHPへ

まだまだ手を入れる必要はあるものの

ひとまずアップ完了です。

今回修正したなかでこだわったのは

各サービスメニューとその流れの説明です。

----------------------------
■まず「相談」
----------------------------


今まで、

「相談」 「お試し」 「仕組みづくり」

とコンサルティングメニューは上記3種が

分離しておりましたが、

今回

①「初回相談」
   ↓
②「現場視察&現状分析サービス」
   ↓
③「仕組みづくりコンサルティング」


という流れに改善しました!

※②や③のサービスを依頼したい
場合でもまず①をして頂き
③のサービスを依頼するには
①②が必要となるようにしました。


これは、

「まず相談」

によりその後のサービスの効果が

違うことが分かったからです。

----------------------------
■今までの失敗は・・・
----------------------------


今年の10月で15年をむかえる弊所は

これまで失敗がなかったワケではありません。

・手をかけすぎて私が改善実行することで
続かなくなる失敗・・・

・社長の思う「問題点」と弊所の行う改善の
方向性の違いでの失敗・・・

・社長との改善目的共有のみで動くことに
よる従業員の不満・・・

・作ったマニュアルが更新されず
陳腐化していく失敗・・・

など。

この失敗の数々の中で、

私自身も悩み、今までのやり方を

見つめ直すことにしました。

そうすると、成功事例から

見えてきました。

それは次の2つが大切だったのです。

1)経営者との「改善目的」と「問題点」の共有

2)従業員との「改善目的」と「問題点」の共有


このうち、どちらか一方が欠けても

うまくいきません。

私がコンサルティングメニューの

流れを「初回相談」からにしたのは

初回相談にて
1)の経営者との「改善目的」と
 「問題点」の共有


を深める必要があるのです。

簡単な聞き取りで、

いきなり現場視察や現状分析

を行う前に、

時間をとり「目的」と「問題点」を

共有し、現場に行く前にさらに

俯瞰して見る時間を取ります。

そうしてこそ

現場へ赴く効果が高まり、

お客様の本当に望む改善を

考えることが出来るからです。

電話で5分10分聞いただけで
ワカるはずがない!

これは、私のサービス提供の
「流れ」を改善する必要があったのだと
感じました。

--------------------------
■「流れ」を改善
--------------------------


「流れ」を改善することで

本来のサービスメニューの効果を

しっかり出していく!

その必要性を実感しています。

昨年12月のコンサルティングで

「書類管理の効率化が必要」
というお問い合わせを頂き、

早速「初回相談」で悩みをお聞きし

現状を書きだし「共有」すると、

結果「書類管理の効率化」は

一つの改善項目であり、

「目的」ではないことを共有

することができました。

目的が本来目指すゴールですから

それを更に従業員の皆さまとも

共有し、

【苦しい改善】ではなく
【嬉しい改善】にすること


が大切です。

苦しいことは続けられませんから・・・

さて、

あなたの業務の「流れ」は

あなたの仕事の目的に

合っていますか?(^.^)

→★初回相談 90分 はコチラ

| 改善の提案 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/740-47e640de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT