FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

能力差を「共有」とは?

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

先週は日本全国寒い1週間でしたね。

そろそろもう少し

気温上がって欲しいものです。苦笑

さて、以前のブログで

非効率の4大原因をお伝え

しましたが、
効率が悪い

その中でもちょっと分かりにくいのが

「個人差」という原因です。

これは、

●スキル

だったり

●経験値

だったり

●上達スピード

だったり、はたまた

●得手不得手・好き嫌い

だったりします。

これにより

時間効率、人件費に

影響が出てしまうというものです。

この4つのことを共有することによって

理想の状態にするための「差」を

改善することが出来るようになるのです。

能力差


----------------------------
■個人差を改善する方法
----------------------------


この個人差を改善するには

次のような方法があります。

1)スキルの差
を改善するには、
例えば「スキルアップ研修」です。

研修によりしらない知識、
ノウハウを実践的に学ぶことで
スキルアップをはかることが出来ます。

次に

2)経験値の差を改善するには

例えば経験者の行っていることの
 「コツ」を共有することです。
 これらが『マニュアル』だったり『OJT』だったり
 『教育研修』だったりします。

ちなみに、ここで言うマニュアルは、大抵が
「作業手順」「行動手順」「特記情報」「チェック項目」
のマニュアルを言います。

ですので、「動き」「目線」までのコツが必要になるため
BOOK式(紙形式)だけでなく、
動画撮影や、デモンストレーションなどで
実際の動きをマニュアル化することがより
有効的になる業務もあります。

さて、話しを戻しまして、、、

では、

3)上達スピードの差を改善するには
どうしたら良いでしょうか?

これは、
4)得手不得手・好き嫌いとも
関連するのですが、
→「役割分担」「適材適所」
になるように
従業員への聞き取りが大切。

苦手で嫌いな仕事を行おうとすると
スピードは遅くなりますし、
ストレスになって長く続かないことがあります。
但し、本人の成長を会社も本人も
望んでいる場合は、長い目で見て
追いつく時期を待ち経験を積むことで
急激に伸びることもあります。

※出来るだけ「採用」の際に見極めること
が必要です。採用・面接の質問で
これらを見極めらるように準備しておくと良い
ですね。
(この辺のお話しは次回に!)


ぜひ、従業員の皆さんの

●現状スキル

●経験値

●上達スピード

●得手不得手・好き嫌い


の情報を共有化

してみてくださいね(^.^)♪


共有化をしっかり行いたい方
ご相談下さい

  ↓ ↓
++++++++++++++
能力差「共有化」のお手伝い
をさせて頂きます。
まずは、ご相談下さい!

→初回相談 お問い合わせ
++++++++++++++

| 改善の方法・実践 | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/744-c84712f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT