FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

病院の効率化がめっちゃ進んでいた!

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉 己淑です(^^)♫

ここ最近、

病院通いが続いている私ですが、

総合病院や調剤薬局に行くと

どんどん窓口業務や会計業務が

効率化されていく様子が見てとれます。

-————————
■患者は窓口に行かない?
-————————


例えば、病院に行った時って

窓口に診察券
(初診と月替わりは健康保険証が必要)

を出して、

名前を呼んでくれる順番を待ちます。

その間に窓口業務では、

1)診察券や保険証を見て、
その方のカルテを探します。

2)次にそのカルテを担当医に届け

3)担当医が順番にお呼びする


と言う流れがあります。

ところが今や電子カルテ化が急速に進み

患者は自分で

1)診察券を機械へ通す

2)機械から受診票が印刷され、
専用のクリアファイルに診察券と共に入れ

3)上記2)を担当医のBoxに入れ順番を待つ


と、いった具合に初診や月替わり以外は

患者との窓口対応が無くなっています。

※こんなクリアファイルが窓口用機械の横に設置されていました。


ちなみに会計時は、診察後の受診票を

会計係に渡すと、番号表を受け取り、


精算はすべて機械。


いや~。便利になりましたね。

数年病院を利用していない間に

かなり進んでいるのを実感!!

私も昔、個人病院の窓口業務を行っていた

経験がありますが、

・カルテ探しと片付け
・カルテ記入ミスと修正
・会計業務のミス
・カルテ探しに時間により
順番が前後


と言うような事が良く発生
していました。

こんな時、膨大なデータから
サッと検索してくれるのは機械の方が
早いですよね。

「探す」を削減
「ミス」を削減
「正確」に管理


が出来るのですから
(*もちろん、入力の正確性は
人に委ねられていますが)


その分、

患者様への対応や
診察時のフォロー
地域の医療関係の連携
知識と技術の向上

など、

「人」でしかできない
「人」だからできること
に時間をかける事が出来ます
よね。

効率化は「削減」が目的ではなく
「必要なことの時間や
原資を作ること」が目的


なんだと思うのです。(^^)

| 改善の事例 | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/759-568a7079

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT