FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家庭でのマネジメント力とは!?

こんにちは。

事務改善アドバイザーの高倉己淑です(^.^)♪

本日仕事初めにつき、

あらためまして、

本年もどうぞよろしくお願い致します。

年末年始、帰省や旅行、

自宅でゆっくり、はたまたお仕事にと

おもいおもいに過ごされておられた

と思います。

私はと言えば、例年どおり

帰省し、3都市墓参り&挨拶参り

プラス嫁稼業に勤しんでおりました。

嫁いで15年目の年を迎え、

台所仕事もさぞやテキパキ・・・

・・・・まったくできません。(笑)

それは料理が下手、苦手、

と言うワケではなく、

仕事にも通じる

リーダーのマネジメント力が

台所の世界にもあるからなのです。

----------------------------
■「目的共有」のないまま始まる
----------------------------


先にお伝えしておきたいのは、

ここで、夫の母に不満を持っている

わけではないという事です。

ただ、冷静に見ていて感じた事が

ビジネスの世界も同じだなと

思ったというだけというシンプルな

理由で題材にしただけなので、

仲良くさせて頂いていますことを

お伝えさせて頂きます。

さて、何の話かと申しますと、

年末年始の「おせち」作りについて

です。

おせち


実は昨年の年始から

「おせち作りは無くなった」
宣言が、夫の実家でありました。

それが、年末に帰ってみると、

小規模ながら復活する!と、

義母から口頭でいきなり発表・・・

「えええぇ~~(心の叫び)」

心の準備だけでなく、

様々な準備が必要になります。

鍋だけのつもりが「おせち」作りに

変わるのですから、
(※とはいえ、おせちの一部を作るだけ
なのでとってもラクです♪)

スケジュールも大幅に変わり

慌てて嫁LINEで連絡。

そうして、31日に集合し

おせち作りへ突入・・・

この時、なぜ家族だけだった集まりが
少し人数が増えることになったのか?

その「目的共有」はありませんでした。

うーん。。家庭内では仕事上より

なかなか口に出して言えない事が

多いですね。。(苦笑)

-----------------------------
■聞きだすマネジメント!
-----------------------------


台所仕事は、属人化の宝庫!

会社で一人で事務を行っているような

状態だったり、長年仕切っている

お局さんがいると思ってもらえれば

わかりやすいと思います。

私は、自宅では手料理も作りますし、

案外手際は良い方だと思っていますが、

夫の実家に行くと、

手も遅く、料理の味付けも

あまり分からず、

雑な料理をする・・・と、

思われています。

まあ、最後の“雑”と言うところは

案外そのままかも知れませんが(笑)

これも

「完成形のイメージ」をもっと

共有できていれば問題ないように思いますが、

なぜそう思われるかと言うと、

イチイチ、ツドツド、毎回

義母に
「次は何を切るか?」
「次はこれを炒めて良いか?」
「先にこれをしていていいか?」


お伺いを立てながら進めるので

迷いながら行う為、

私のみならず、他の嫁も

同じようなペースになります。

また、逆に義母が自分で

料理し始めると、

1人は手が空いてしまい

「待ち」時間発生!
(※TOC的に言うとこれがムダなバッファ発生)

いやー。ほんとに勿体ない。

料理を始める前に

「なぜ作るか」を共有し、
(※心の持ちようが変わります)

1)何を作るか?
2)どのくらい作るか?(何人分)
3)何から作るか?
4)どのように作るか?
5)誰が担当するか?


この5つだけ決め、

その時に必要な質問を

終えておくだけで、

スタートすると、

きっと効率は2倍は

上がるだろうな。。。

と思うのですよ。(^^;

それが、いきなり始めるものだから

聞くことがたくさん。

しかも、お義母さんが、

やっちゃってるから誰も、

料理や手順をしっかり覚えず、

聞きながらする仕組みになっている・・・

うーーん。良くないな。

結局の所、

「お義母さんはマネジメントが
苦手なんだな。」


そう、自ら動きすぎては、

誰も育たない。

目的を共有しなくては

作ることへ、納得や共感が生まれない。

「任せられない」症候群

に陥っているのではないだろうか?

私はと言うと、

私以外が手が空いていたら

「これ、頼むわ」とすぐ任せ、

「これでいいですか?」と聞かれると

「いいと思うよ」のひと言。

あとで何かあったらその時は

フォローの覚悟をしているので

気にせず、進みます。

これ、ビジネス上、組織の中でも

よくある話ではないでしょうか?

義母は私たちに負担かけまいと

思っているかも知れません。

ですが、集合したのなら何か仕事があり

それを効率よく済ませられれば

良いのです。

お義母さんが動いてしまっては、

何もすることが無くなってしまいます。

集まったのなら振り分ける。

組織でも、社長は各リーダーへ

各リーダーから各従業員への

マネジメント力を発揮することで

それぞれが持ち場を持って効率よく

動けるようになるのだと思うのです。

話は戻って、私ですが、

この場合、経営者を義母とするなら

私はリーダーですね。

なので、私のすべきことは、

出来る限りお義母さんの意向を

汲み取って、

私が出来る範囲で聞きだして

リーダーとしてのマネジメント

を仕掛けていく方が

良さそうです。(2019年年末はそうしよう!)

とは言え、来年は「鍋」になったので

おせち作りはなさそうです(^.^)/

※ホントかどうかは来年のお楽しみ。


***************
◎仕組みづくりは、「目的共有」から
効率化の「目的」を見える化しませんか?
 「初回相談90分」にて受付中!

◎IT化で一気に効率化・・・
その前に情報の「整理整頓」が必要です!
システム改善サポート

| 改善の提案 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kisook.blog63.fc2.com/tb.php/867-58e14feb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT